LINEで送る
Pocket

先日全米オープンテニスが終わりましたね。

錦織圭選手は惜しくもベスト4。

 

その錦織圭選手を破ったスタン・ワウリンカ選手が見事優勝しました。

 

ワウリンカ選手と言えばあの豪快な片手打ちバックハンド。

 

フェデラー選手の芸術的な美しい片手打ちとはまた別の意味ですごいですよね。

 

あんなすごい片手打ちバックはゲームセンターのテニスゲームでしか見たことがありません(笑)

 

しかし、あのバックハンドだけに目を奪われているとワウリンカ選手の最も素晴らしいポイントを見逃してしまいます。

 

私が思うワウリンカ選手の最も素晴らしいポイントは、何と言っても「フットワーク」です。

 

ワウリンカ選手の動画をYouTubeなどで探して見てもらえればわかると思いますが、ワウリンカ選手は常に足を細かく動かして、最適なポジションでボールを打とうとしています。特に先日の全米オープンの動画なんかを見ると、ハードコートと靴が擦れ合う「キュキュキュ、、、」という音がよく聞こえると思います。

 

片手打ちバックハンドというのは、

①打点をしっかり体の前にしないといけない

②両手打ちバックよりも打点のごまかしが効きにくい

ということがあり、ちょっとでも打点が狂うと、いい球は打てません。

 

テニススクールの生徒さんの中には、

「両手打ちよりも片手打ちの方がリーチがあって、あまり動かず楽ができるから片手打ちにした。」

と言う方もいらっしゃるんですが、本当は逆なんです。

 

片手打ちでテニスをする方がよっぽど動かないといけません。

適切な打点に入るためにとにかく動かないといけないんです。

 

その証拠に、と言っていいかわかりませんが、ワウリンカ選手はリターンを打つときには、ほとんどスライスを使っています。

 

スライスであれば、多少打点が苦しい位置になってもなんとかしのぐことができます。

 

リターンでは足を細かく動かして打点に入るような時間的余裕はないので、バックハンドの名手ワウリンカ選手といえども、スライスにならざるを得ないのでしょう。

 

ストロークのときにはリターンと比べれば足を動かして打点に入る余裕があるのでしょうが、ワウリンカ選手が、簡単にスライスを使って逃げたりせず、ほとんどの球をトップスピンで強打できているのはあのフットワークがあってこそだと思います。

 

ワウリンカ選手を見ていると、どんなときでも本当に細かく足を動かしているんです。

 

バックハンドに限らず、フォアハンドでも細かく足を動かして、しっかりと膝を曲げてボールを打ち込む姿は、本当に基本に忠実だなと感じさせられます。

 

素晴らしいバックハンドの持ち主のワウリンカ選手も、チャンスボールは素早くフォアハンドに回り込んで、逆クロスやストレートへの強打をしますが、そのときの膝の曲げ具合は、まるで「膝を曲げて打て!!」とコーチに怒鳴られながら練習しているジュニア選手かと思うほどです。

 

バックハンドに限らずフォアハンドのフットワークも素晴らしい。

 

これがワウリンカ選手の強さの秘密だと思うのです。

 

我々アマチュアが、あの狂気とも言えるバックハンドを真似しようとしても一朝一夕には真似できません。真似すべきは「足を細かく動かす」「膝を曲げて打つ」という当たり前の基礎をおろそかにしないことです。ワウリンカ選手に学ぶとすればまずそこからですね。

 

上半身の動きだけに目を奪われてはいけませんよ。

 

ではまた。

LINEで送る
Pocket