LINEで送る
Pocket

どうも。管理人の山口です。

 

前回テニスの筋トレについてお話させていただいてんですが、今回はその続き。

 

よく受ける質問に、

 

「テニスでは体脂肪率どれぐらいだったらいいんですか?」

 

というものがあります。

 

これは私も現役選手時代にずっと考えていました。

 

で、それを世界的なトレーナーさんにお聞きしたところ、

こんな答えが。


スポンサードリンク

「まずは毎日毎日、全力でテニスの練習をする。そして、暴飲暴食をしないで当たり前の食事をする。そしたら、テニスに必要な体脂肪率、体重になっているはずだ。」

 

という趣旨の答えをいただきました。

 

ようするに、体脂肪率7パーセントとか、その数字をめがけてトレーニングしていくこと自体が間違いということです。

 

これには私も目から鱗だったんですよね。

 

人間の身体は環境に合わせて変化します。

 

筋トレで筋肉がつくというのは、体が「変化しなくては今の環境に耐えられない」と判断するからです。

 

筋肉だけではありません。

 

強い日差しを浴びれば、日に焼けて黒くなって肌を守ろうとしますし、毎日手に何か持って使っていれば、タコができたりマメができたりというのも体の変化です。

 

毎日毎日競技に没頭していれば、毎日毎日競技をする環境に合わせて、体が変わっていきます。

 

その自然の変化に身を任せればいいのです。

 

私の場合は体脂肪率10パーセント前後で落ち着きました。体重も64キロ前後で全く変わらなくなりました。

 

それで良かったんだと思います。

 

これに対して、毎日毎日筋トレを繰り返すだけだとどうなるか。

 

答えは簡単。

筋トレに適した体ができるだけです。

 

もちろん私は筋トレ自体を否定しているわけではありません。

世界のトップ選手はみな筋トレをしています。

 

ただ、それは専門的なトレーナーがついて、競技に必要な筋トレを選りすぐってやっているからこその話です。

 

素人にマネできるものではないと思ってます。

 

競技は違いますが、サッカーのスーパースターにブラジルのネイマール選手がいますが、

彼は175センチ、65キロ程度だそうです。

 

海外のサッカー選手には180センチ、80キロをゆうに超えるガタイのいい選手がたくさんいるわけで、その中で見ると、ネイマール選手は極めて華奢に見えるんですね。

 

ましてや、テニスと違ってフィジカルコンタクト(体と体が接触すること)のあるスポーツです。

 

ネイマール選手には、「65キロなんて体重ではダメで、もっと筋トレをして体重を上げるべきではないか」という意見があるそうです。

 

ところが、かつてのスーパースター、マラドーナ選手はこう言っているそうです。

「彼はボディービルダーではない。よきフットボーラーであれば良いのだ。」

さすがですよね。

 

テニスだって同じです。

 

よきテニスプレーヤーであれば良いのです。

 

ではまた。


スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket