LINEで送る
Pocket

どうも。管理人の山口です。

 

今回紹介する本は、

 

「ためない練習」

お坊さんが書いた本です。

 

タイトルはかつて流行った「考えない練習」に乗っかってきたなという感じですが、とてもためになる面白い本でした。

 

それにしてもお坊さんはSNSがお嫌いなようで(笑)

 

「ためない練習」「考えない練習」いずれの著者もSNSの利用を奨励していません(笑)

 

まあ、仏教って、執着をなくすことにその本質があるわけですから、友達との繋がりに執着しているSNSが敵視されるのは当然といえば当然です。

 

SNSってみなさんはどれくらい使われていますか。

 

私が使ってるのはLINEとfacebookだけです。

 

まあ、あとはこのブログもSNSのうちに入るのかな。

 

LINEもfacebookも私にとっては、ただの連絡用の手段、そして、ブログの宣伝ツールといったレベルです。

 

facebookに自分のプライベートの出来事を載せて誰彼構わず報告しようとは思ってませんし、LINEのグループでたくさんの人とコミュニケーションを取ろうとか、全然思ってないです。

 


スポンサーリンク

前はツイッターもやっていたんですが、イマイチどう使っていいかわからずやめてしまいました。

 

で、こないだ、何かのデータにあったのですが、いろいろなSNSの使用率を見てみると、若い世代では、LINEが98%

 

これはもうSNSというか、メールの代替手段という感じですよね最近の若い世代ではやっていない人の方が珍しいという状況です。

 

みんな使っているから使っていないと困る。
そんな状況だと思います。

 

で、若い世代ではTwitterも80%くらいだっけな?
かなりの人がやっているというデータがあります。

 

流行に敏感な世代は、Twitterに流れるトレンドを逃さないということでしょうか。

 

で、私はやっていないですが、Instagram。

 

これは写真がメインの投稿になるということなんですが、私の勝手なイメージだと、おしゃれな人がやっているというイメージですね

 

私は写真をうまく撮るようなセンスがないので、今のところやる予定はありません。

 

で、最近よく聞くのはfacebook離れという話です。

 

facebookは今の若い世代の半数ぐらいしか利用していないというデータがあります。

 

まあ、それでもかなりの人が利用していると言えるかもしれませんが、かつての勢いはないようです。

 

やがてmixiと同じような道をたどって廃れていくのでしょうか。

 

mixiは私が大学生ぐらいの時に流行ったSNSですが、当時は画期的でした。

 

私はやってなかったのですが、SNSというものの存在を初めて知ったのがmixiです。

 

mixi以前にSNSという概念は身近にはなかったような気がします。

 

mixiが流行ったころ、私は一切それにはタッチせず、よくそんなものをやるなと、若干、軽蔑を込目でそれを傍観していました。

 

まさか、将来自分がSNSを使うようになるとは思っていませんでした。

 

さて、facebookの話に戻りますが、ある時期からfacebookに広告がたくさん掲載されるようになって、使い勝手が悪くなりました。

 

やっぱり広告ってうっとうしいんですよね。

 

一部ではfacebookもmixiと同じようにオワコン(終わったコンテンツの略)
とまで言われています。

 

たしかに、若い世代がfacebookをあまり使わなくなって、今facebookを一番よく利用しているのは40代、50代ではないかと言われています。

 

マーケティングの世界では、若い世代がやっていることが、おじさんおばさん世代に広まったら、もうすでにブームは終わりと言われています。

 

一番流行に敏感なのはF1層と言われる、10代、20代の若い女性で、その層に支持されているものが流行の最先端。

 

それにつられて若い男性たちも流行に乗っかる。

 

それを見て、けしからんと眉をひそめてたおじさんおばさんも、ちょっとずつそれを始めていく。

 

これがブームの流れですが、おじさんおばさんに行き渡った時点でブームの終焉なわけですよね。

 

もうそれは、若者たちにとってはダサいものなわけです。

 

私は前述の通り、ただの連絡用の手段としか思っていないので、ダサかろうが、オワコンだろうが、未だにfacebookの利用価値はあると思っています。

 

先日も、私のGmailにメッセージがうまく送れなかったので、facebookのメッセージで連絡をくれた友達がいましたが、連絡手段を複数持っておくことは、いざという時に役に立つものです。

 

そんなわけで私はSNSを全否定するわけではなく、うまく付き合いながらやっていこうと思っています。

 

ツイッターについても今はやめてしまっていますが、このブログの記事を拡散させるために必要な時が来たらまた使うかもしれません。

 

ではまた。

 


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket