LINEで送る
Pocket

どうも。管理人の山口です。

 

今回はスマッシュに関する記事です。

 

スマッシュを試合でミスしてしまう。

 

そこから一気に崩れてしまった、、、

 

よくある話です。

 

ふわりとネット際に上がった、チャンスボール!!!!

 

キターーーーー!!!!

 

と思って強打したら、ラケットのフレームに当たって、ボールは大気圏外に、、、

 

よくある話です。

 

そんな残念なあなたにお知らせがあります。


スポンサーリンク

 

スマッシュが打てるチャンスボール、これって実はめちゃくちゃ難しい球なんですよ。

 

え??

 

チャンスボールなのに、なんで??

簡単な球じゃないの??

 

って思ったあなた。

まだまだこのチャンスボールの特性について十分理解できてるとは言えません。

 

スマッシュを打つときのチャンスボールはテニスの中で唯一の特性があります。

 

それは何か。

 

高く上がったチャンスボールは地面に向けて、加速しながら落下してきている。

 

これってスマッシュのときだけなんですよ。

 

ストロークのときも、ボレーのときも、相手の球は、相手が打った瞬間が一番速い。

 

当然ですね。

初速が一番速いのです。

 

相手が打ったボールは空気抵抗を受けながら、徐々に減速してあなたに向かってきています。

 

これに対して、スマッシュのとき、ボールはどんどん加速しているんです。

高いところから落下してくる球はどんどん加速していき、あなたが打とうとしているまさにその瞬間、ボールはかなりのスピードになっています。

 

ちなみに、だいたいの計算ですが、10mの高さから落下してくる物体の速度はおよそ時速50kmです。

 

普通に走ってる車ぐらいのスピードですよ。

 

車ぐらいのスピードで、さらに加速してきているボールを打つことを考えてみてください。

 

大振りしていて当たらないのは明白ですね。

 

スマッシュが苦手な人ほど、ラケットをブンブン大きく振り回して打ってしまうんですよ。

 

そんなに大振りしなくても、コンパクトにスイングしてコースをつけば決まるのに、、、

 

ということです。

 

よくよく吟味あるべきものなり。

 


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket