LINEで送る
Pocket

どうも。管理人の山口です。

 

考えるな。感じろ。

Don’t think. Feel.

 

あまりにも有名なこの名言。

映画「燃えよドラゴン」のブルース・リー演じる主人公のセリフですね。

 

テニスにおいてもこれは正しいのです。

 

試合のときにもっと集中してプレーしたい。

そう思っていても、なかなか思うように集中できず、雑念が頭をよぎる。

 

集中!!!

 

などと、自分で声に出して集中しようとしている人もいますが、「集中しよう」と思っているうちは本当に集中などできていないのです。

 

真の集中状態は、「ゾーンに入った」などという言葉で表現されたりしますが、「」に近い状態です。

 

まさに、「考えず、感じている状態」なんです。

 

では、その状態になるためにどうすればいいのかということなのですが、以下で私が世界的なトレーナーさんから教わった方法を紹介します。


スポンサーリンク

 

それは、THINK BOX  PLAY BOX という考え方です。

 

コートに立ったとき、どこでもいいんですが、自分の頭の中でコートの中に線を引きます。

 

たとえば、ベースラインの3メートル後ろくらいに線を引いてみましょう。

で、それよりも後ろを考える場所、THINK BOXにします。

そして、それよりも前を実行する場所、PLAY BOXにします。

 

サーブを打つ前、リターンに入る前、そのポイントをどう組み立てて取るのか、相手の弱点はどこか、などなど考える作業はTHINK BOXで終わらせます。

そして、いざポイントに向かって、ベースライン付近で構えたときにはもう何も考えない。

 

↓↓↓そう、この瞬間は考えるのではない。感じているのみ。

実行あるのみのはずなんです。

 

多くのプレーヤーがプレーをしながらごちゃごちゃといろいろ考えてます。

 

そうではないんです。あなたはその試合に向けてずっと練習してきたはずなんです。

 

だから迷わず実行あるのみなんです。

 

迷いの雲の晴れたる所こそ、実の空と知るべきなり。宮本武蔵

 

よくよく吟味あるべきものなり。

 


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket