LINEで送る
Pocket

 

はじめに

 

どうも。管理人の山口です。

 

今日は食事法の話です。

 

テニス選手の食事

 

世間では一日一食で健康になれるとか、ファスティング(断食)療法なんてのが流行ってますが、テニス選手はどうしているか。


スポンサーリンク

テニス選手にそんな少食はいません

 

とにかく、食べる食べる。

 

一日三食どころか、一日に5、6回食事を摂って当たり前ぐらいの感覚です。

 

一回に食べられる量が少ない人は何回にも分けて食事をする。

 

消費するエネルギーが半端じゃないですから、少食でテニスは無理です。

 

流行りの少食ダイエットはデスクワークをしてる人、すでにエネルギー満タンで肥満気味の人なら意味はありますが、標準体型、健康体のスポーツ選手がやるもんじゃありません。

 

普通のごはんを普通に規則正しく食べる。これが基本。

 

私の場合

 

で、できれば外食は控えめにしたいのですが、私はどうしても外食に頼らざるをえないとき、職場の近くの松屋によく行きます。

 

メニューが豊富でいろいろ選べるのがありがたいです。

 

ちなみに「つゆだくで!」なんて注文をするのが大好きな人がいますが、私は逆。

 

つゆ抜きで」とお願いすることにしてます。

そうすることで、かなり塩分を控えめにできるんですね。


スポンサーリンク

生卵は日本独特の文化

 

で、この写真を見てふと思い出したんですが、日本の食卓って、こんな感じで生卵がついてきたりするじゃないですか。

 

これって、欧米ではありえないことらしいです。

 

欧米では卵を生で食するという文化がありません。

欧米では火を通して調理した卵しか出てこないのです。

 

欧米人にとって生の卵を食べるなんてのは本当に気持ちが悪いことなのです。

 

映画「ロッキー」で主人公が生卵のたくさん入ったジョッキを飲み干すシーンをご存知ですか。

 

あれは日本人が見ると、「いやー、がんばってるね。」という程度にしか映りませんが、

 

欧米人が見ると、「勝つためにそこまでやっている。なんてクレイジーなんだ!!!」

 

というふうに映るのです。

 

あれはロッキーが勝つために執念を燃やす狂気のシーンというのが本来の見方なんですね。

 

日本人には伝わりづらいですね。

まあ、日本人にわかりやすくあのシーンを変えるなら、たんぱく質を摂るために食用ガエルの丸焼きをむさぼり食ってるというような感覚ですかね。

 

生卵の一気飲みはダメ

 

それはともかく、肝心なことをみなさんにお知らせいておかないといけません。

 

タイトルにある通り、ロッキーのような生卵の一気飲みをやってはいけません

 

生卵って、2つ3つなら大丈夫ですが、一気に10こぐらいをまとめて取っちゃうと「卵白障害」と言って、ビオチンが吸収されなくなるんです。

 

ビオチンっていうのは肌や、髪を健康に保つために必要な栄養素です。

 

卵にはたんぱく質だけでなく、多くの栄養が含まれていますが、食べ過ぎはやはり良くないということですね。

 

よくよく吟味あるべきものなり。

 


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket