LINEで送る
Pocket

はじめに

 

どうも。管理人の山口です。

 

久しぶりの更新になりました。

 

更新をしていない間にもたくさんの方々に訪問していただいていたようで、大変感謝しております。

 

ちょっと近況をお話しすると、FacebookTwitter、あとアカウントを取得しただけでほとんど使っていなかったインスタ、これらすべてのアカウントを削除しました。

 

それらはブログの宣伝ツールにちょうどよいかなと思っていたんですが、ここ最近、そこからのアクセスはほとんどなくなっていました。

 

Facebookなんか特に顕著ですよね。

 

昔に比べたらほとんど見る人がいなくなって、過疎ってる上に、タイムラインに出てくるのはどうでもいいゴシップ系の記事やうさんくさい商品の広告ばかり。

 

そこに自分のブログの宣伝のお知らせなんかが混じってしまうと、同じように思われてしまう。

 

Facebookにブログ記事の更新のお知らせを載せるのはやめようと思ったのはその辺がきっかけです。

 

Facebookは一部でオワコン(終わったコンテンツの略)と言われていますが、私にとっても完全にオワコンになってしまったので、撤退しました。

 

親しい方とはFacebookなんか使わなくても個別に連絡がつくので、別に全然かまわないと思ってます。

 

Twitterは戦略的な運用が非常にむつかしいと感じました。

 

有名人でもない限りフォロワーはそんなに簡単に増えませんし、短文で注目を浴びようとすれば、その内容はついウケ狙い的なものになってしまいます。

 

Twitterで目立とうとした結果、大炎上を起こす、いわゆるバ○ッターと言われる現象。

 

それを起こしてしまう背景も、わからんでもないです。

 

まあ、ほとんどの人は注目を浴びようにも、炎上どころか、軽いボヤさえも起こせない。

 

次々と流れては消えゆくTwitterのタイムラインの流れはたえずして、しかももとの水にあらず。久しくとどまりたるためしなし。

 

Twitterからのアクセスをのぞむのは、私にとって非常に無謀な試みだったのかもしれません。

 

そうであるにもかかわらず、注目を浴びたい一心で「これは本来の自分ではないなー」という投稿もいくらかは演じながらやっていました。

 

やっぱり自分らしくない表現をするのは疲れるんですよね。

 

自分らしい表現を一番できるのは、やはりこのサイトでではないかと思い、Twitterのアカウントは消しました。

 

で、そうすると、このサイトにとってもメリットがあったんですよ。

 

スマホでもPCでもこちらのサイトにアクセスしていただいたときに、Twitterが見れるようになってましたよね。

 

あれを端末が読み込むのって、結構時間がかかるんですよ。

 

このブログの読者の方にとってあのTwitterが消えたことによって、読み込むスピードが上がるというメリットが生まれました。

 

最後に、もう一つのSNS、インスタなんかはもう自分の管轄外。

 

自分自身、写真にそんなに興味がないし、写真で人とつながろうとしている人たちのところでブログの宣伝をするのも無粋かなと思い、インスタは迷いなく削除しました。

 

SNSをやめた反面、このサイトを検索サイトで検索して直接来てくださる方が多くなったので、今は非常に良い状態ではないかと思ってます。

 

デジタルデトックスという言葉がありますが、SNS中毒みたいになって四六時中スマホを見ているような状態まで行かなくても、スマホを見てる時間自体ムダなんですよね。結局。

 

自分にとって、過去のつながりを取り戻してくれたSNSについては感謝しつつ、今はもうその役目を終えたSNSときっぱり決別しました。

 

ロケットが使い切った燃料タンクを切り離しながら目的地を目指すように、ここから私もさらに飛躍したいと思ってます。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

さて、前置きが長くなりましたが、今回はメンタルの話をしようと思います。

 

というのも、今日改めてメンタルの大切さを再認識する出来事があったので、私自身の備忘録としても書いておきたいと思いまして。

 


スポンサーリンク

 

広島カープ黒田博樹選手の話

 

今日広島は台風の影響か、朝からずっと雨が続いてました。

 

いつもは市内の近場であれば、自転車で移動してしまう私もさすがに今日は自転車に乗らず、タクシーを利用しました。

 

で、そのタクシーの運転手さんの話が面白かったんですよ。

 

カープの黒田選手の話になったのですが、その運転手さん、過去にカープのとある現役選手を乗せたことがあるそうです。

 

その現役選手が語るには、やっぱり、黒田選手はスポーツ選手としてだけでなく、人間として本当にすごい人である。

 

ということだったそうです。

 

スポーツで超一流の結果を出す人というのはそういうもんなんですよね。

 

野球では、ほかにもイチロー選手、王貞治選手などが思いつきますが、超人ともいえる偉業を成し遂げた選手というのは、心も超一流ということです。

 

テニス選手の場合

 

ロジャー・フェデラー選手、ラファエル・ナダル選手、世界中のありとあらゆる人から尊敬され、レジェンドと呼ばれる彼らの立ち居振る舞いというのもやはり超一流のものです。

 

どんな世界でも、本当にすぐれた結果を出せる人というのは、心が超一流であるということですね。

 

ちょっと待てよ、テニスの世界には、ジミー・コナーズ選手やジョン・マッケンロー選手という悪童もいたではないかという方もおられるかもしれません。

 

現在では、オーストラリアのニック・キリオス選手なんかが非常に悪名高い存在ではないかと思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

私が思うに、彼らの場合、その立ち居振る舞いで非常に損をしている、あるいはしていたと思うのですが、根っからの悪人ということでもないように思うのです。

 

とくにジョン・マッケンロー選手なんかは「悪童キャラ」を自ら演じて楽しんでいただけのようにさえ思います。

 

彼は世界中のファンをその悪童キャラでからかっていただけではないかと思うのです。

 

マッケンローが大好きな管理人はついマッケンローに肩入れして、えこひいきして擁護してしまうのですが(笑)

 

彼らはコートの上でパフォーマンスとして悪童を演じますが、私生活では非常に紳士であると言われています。

 

転落したスポーツ選手の悲劇

 

これに対して、スポーツの上だけではなく、私生活においても「悪」の部分が出てしまうと、スポーツ選手というのはうまくいかないようです。

 

かつてあれほどの輝きを放ったゴルフのスーパースター、タイガー・ウッズ選手や、プロ野球で不世出の逸材だった清原和博選手。

 

プレーをする上での「マナーが多少悪い」といったレベルを超えて、その行動が反社会的なレベルになると、超一流というのは維持できないものなんですね。

 

あれほどの栄光を手にしたスポーツ選手たちの転落を見るのは悲しいばかりです。


スポンサーリンク

 

まとめ

 

一流になりたければ心を鍛えなさい

 

それはかつて試合に負けては落ち込み、ふてくされ、やけを起こしていたような貧相な心の持ち主だった私が、自分への自戒を込めてみなさんにお伝えしています。

 

「心を鍛えなさい」なんて本当は上からえらそうに言えるものではありません。

 

願わくば、私と一緒に、これからもこのサイトで心を鍛えていきませんか。

 

更新はなかなかできていませんが、これからもご一緒してくださる方、ぜひブックマークをお願いいたします。

 

よくよく吟味あるべきものなり。

 

この記事を読んでいいね!と思ってくださった方、なるほどと思ってくださった方、ぜひ下のシェアボタンからSNSでシェアしてくださいますようお願いいたします。

 


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket