LINEで送る
Pocket

はじめに

 

こんにちは。

マインドテニス講座管理人の山口に代わって今回はYONEX担当村上が記事を書きます。

 

ついに新製品の発売が決定しました。

 

YONEX VCORE最新シリーズ

その名も V CORE そのまんまっすね(笑)

 

今までV COREシリーズは、初代VCORE、VCORExi、VCOREsi、VCOREsvと進化を遂げてきたんですが、今回のVCOREから、シンプルなネーミングとなりました。

ヨネックス 2017 Vコア エスブイ98 (305g) 海外正規品 (YONEX VCORE SV98)VCSV98YX【2016年9月発売 硬式ラケット】[★ac]

価格:19,800円
(2018/7/14 22:58時点)
感想(4件)

 それに先駆けてEZONEシリーズが、単純にEZONEというネーミングになったことから、今回のネーミングは予測がある程度できていたんですが、今後は各ラケットメーカーが、シンプルでわかりやすい製品名とラインナップで勝負してくるんだろうなーと村上は考えます。

【新色ブルー】ヨネックス(YONEX) 2018 イーゾーン100(YONEX EZONE 100)(300g)ブルー 海外正規品 17EZ100YX Eゾーン【2018年1月登録 硬式テニスラケット】

価格:22,800円
(2018/7/14 22:59時点)
感想(2件)


スポンサーリンク

 

他メーカーの動向

 

私、村上はYONEXのヘビーユーザーですが、もちろん他のメーカーの動向も気にして見ています。

 

まずはバボラ

ピュアストームピュアコントロールなど多くのラケットがあったのを、ピュアドライブピュアアエロピュアストライクの各シリーズにうまく統一して、ユーザーがラケットを選びやすいようにしてきましたね。

 

各シリーズについては、現在バボラユーザーである代表の山口が過去に記事を書いていますので、そちらをご覧ください。

 

ピュアドライブ2018のレビュー

http://mindtennis.net/2017/11/06/racket-4/

 

ピュアアエロ2019はこうなる

http://mindtennis.net/2017/12/26/racket-5/

 

ピュアストライク 全機種レビュー

http://mindtennis.net/2018/02/21/racket-8/

 

ほかにはウィルソンも同じようにラインナップを整理してきました。

バーンプロスタッフブレードウルトラなど各ラケットのコンセプトを明確に打ち出し、ラケットデザインをシンプルにして、ユーザーがラケットを選びやすいようにした。

【錦織圭ラケットシリーズ】ウィルソン バーン 95 CV カウンターヴェイル 2017(Wilson BURN 95 CounterVail)309g WRT73411 硬式テニスラケット

価格:18,880円
(2018/7/19 15:19時点)
感想(7件)

こんな感じで、最近ラケットメーカーは、ユーザーに対して、非常に親切になってきたという印象。

そりゃそうです。

お客様にラケットを買っていただかなくては、どのメーカーもやっていけない。

当たり前のことを当たり前にやるように今さらなっただけとも取れますが、いずれにせよわれわれユーザーにとってはありがたい話です。

 

じゃ、次に本題ね。お待ちかね。

最新VCOREシリーズの話に戻ります。

 

最新VCOREシリーズ

 

VCORE95、98、100と主に選手クラスが使いそうなラケットを3機種レビューしていきますね。

 

まずは男子選手にとって、一番の売れ筋になると考えられるのが、VCORE98

 

現在のVCORE SV98は日本の西岡良仁選手使用のモデル。

ヨネックス 2017 Vコア エスブイ98 (305g) 海外正規品 (YONEX VCORE SV98)VCSV98YX【2016年9月発売 硬式ラケット】[★ac]

価格:19,800円
(2018/7/12 16:00時点)
感想(4件)

 これね。

選手モデルなんだけど、ハード過ぎなくて、非常に扱いやすく、ジュニア選手にも人気のモデルです。

やはり98インチ305グラムっていうスペックは非常に振り抜きやすいわけです。

ほどよいパワーとコントロールの両立

そこがこのVCORE98の魅力だと思います。

最新シリーズではそこへさらにスピン量増大という武器が加わります。

今までのシリーズでも相当なスピンがかかっていたこのラケットはさらなる進化を遂げたわけです。

今後も多くの男子選手にとって一番の選択肢となることは間違いないでしょう。

 

さらに、今回VCORE98と人気を二分しそうなのがVCORE95

男子選手ならこちらも選択肢としてアリ。

っていうのは、ちょっと前まで、VCOREシリーズの95インチモデルは重たかったんですよ。

320グラムとかね。

ところが、今回は310グラム310ミリバランス。

一般の選手でも扱いやすい重量バランスに仕上がっているんです。

そこへきて、新鋭デニス・シャポバロフ選手のイメージ。

まだグランドスラムでトップにくるまでにはいたりませんが、若き天才選手の期待度は抜群。

シャポバロフにあこがれる男子選手たちはVCORE95を使いたくなるのではないかな。

私、村上はずっとVCORE98シリーズを追いかけてきましたが、今回ばかりはVCORE95に手を出しそう、、、

なんせ95インチのモデルって、コントロール抜群なんですよ。

あともう一つは見た目(笑)

95インチのラケットって頭が小さくてパッと見「イケメン」なんすよねー(笑)

ま、それはいいか。

 

で、最後はVCORE100

これはもう安定のパワーと飛びですね。

ダブルスプレーヤーや、女子の選手は迷わずこのモデルでしょう。

厚みのあるフレームがスコーンと気持ちよくボールを飛ばしてくれる印象です。

サーブなんかもめちゃくちゃスピードが乗る。気持ちのいいラケットです。

 

VCOREとEZONE

 

さて、これまでVCOREシリーズEZONEシリーズと人気を二分していましたが、、、

「クーラーバッグプレゼント対象」ヨネックス YONEX 硬式テニスラケット EZONE 98 Eゾーン98 17EZ98-576

価格:28,510円
(2018/7/12 16:02時点)
感想(0件)

今はEZONE派の選手が増えてきています

というのは、このEZONEの出来がむちゃくちゃいい!!

かつてのEZONE DRなどは310グラムだったのですが、今回から305グラム

多くの選手にとって扱いやすい重量になってきています。

このモデルは大坂なおみ選手も使用していますね。

大坂なおみ選手のラケットについての記事も以前管理人の山口が書いていますので参照してね。

大坂なおみ選手使用ラケットについて

http://mindtennis.net/2018/04/01/racket-9/

 

VCOREシリーズを使っていた選手たちが、どんどんEZONEに乗り換えていく中、ここへきて新しいVCOREの投入。

一度EZONEシリーズに浮気した選手たちも、今回またVCOREに戻ってくる可能性大

というのは、今回のVCOREはYONEXがラケットメーカーの意地というか、いよいよ本気を出してきたなーという作品なんです。

史上NO1スピン性能

のうたい文句があるように、なんとスピン量が従来品に比べて7.3%もアップ!

7.3%って、さらっと言ってるけど、すごいよこれ!

だって、今ストロークが100回転している人がいたとしたら、同じように打って107回転するわけじゃないですか。

(もちろん、理論上の数値かもしれないけど、たとえ理論上の数値であってもこれはすごい!)

 

このラケットにポリツアースピンみたいなスピンガットを張って、思い切りグリグリスピンをかけて相手を追い込む。

【12Mカット品】ヨネックス ポリツアースピン(1.20mm/1.25mm) 硬式テニス ポリエステル ガット(Yonex Poly Tour Spin )PTGSPN

価格:1,000円
(2018/7/14 23:16時点)
感想(15件)

 私、村上はもう今から打つことを想像してワクワクしています。

EZONEとVCOREを比較すると、しなりがあって、ボールをじっくりと捕まえながらコントロールするEZONEシリーズと、鋭い弾きでボールスピードが一気に加速するVCOREというイメージですかね。

 

代表の山口は選手時代VCORE98を使っていたようです。

なんでも、サーブスピードがとにかく出てくれるとのこと。

選手が使うようなツアーモデルでも、パワーのアシストがあるのはやっぱりありがたいですよね。

 

VCOREシリーズ発売の思惑

 

ここからはあくまで、私、村上と代表の山口の予測です。

この時期にスピンに重点をおいたニューモデルをYONEXが投入してきた理由として一番に考えられるのが、これです。

 

バボラのピュアアエロ潰し

 

代表の山口も記事にしていましたが、バボラは間もなく人気シリーズであるピュアアエロの最新版を発売すると噂されています。

ついに最新ピュアアエロの全貌があきらかに

http://mindtennis.net/2018/06/17/racket-10/

 

おそらくこのラケットの販売に先駆けて、ピュアアエロのシェアを奪いたい。

 

そんな意図があるのではないかと考えられます。

今はそんなにラケットがポンポンと売れるような時代ではありません。

各メーカーとも少ないパイの奪い合いなのです。


スポンサーリンク

 

まとめ

 

とまあ、こんな感じで、最新ラケットの紹介をさせていただきましたが、また詳しい比較のレビューは代表の山口も改めて記事にするかと思います。

 

それではまた!

 

この記事を読んでいいね!と思ってくださった方、なるほどと思ってくださった方、ぜひ下のシェアボタンからSNSでシェアしてくださいますようお願いいたします。

 


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket