LINEで送る
Pocket

はじめに

 

どうも。

 

今回はYONEXVCOREを改めてレビューということで、私、YONEX担当の村上が記事を書きます。

 

先日のVCOREのレビュー、たくさんの方に読んでいただけてうれしいっす。

ありがとうございます!!!

 

新製品 YONEX VCOREシリーズ

http://mindtennis.net/2018/07/19/racket-12/

 

この記事を書いた時点ではまだしっかりと打ってレビューできてなくてですね。

打った感触とか細かいレポートができていなかったんですが、私、村上が使い始めて約2ヶ月。

このラケットのすばらしさについて、改めて語ってみたいと思います。

ヨネックス YONEX テニス硬式テニスラケット VCORE 98 Vコア 98 18VC98「大坂なおみ全米オープン優勝記念キャンペーン」「Vコアレッドキャンペーン」 「KPIテニスベストセレクション」

価格:26,730円
(2018/10/18 15:45時点)
感想(2件)

 


スポンサーリンク

 

まずはなんと言ってもこのデザイン

 

いや、まずは見てくださいよ。

なんと言っても、このデザインね。

真っ赤なカラーがとにかくかっこいい。

ツヤツヤのボディではなく、あえてマットなカラーリングになっているところが個人的にはとても気に入ってます。

 

かつてヨネックスで赤ラケと言えば、15年以上前に発売されたRDti70というモデルがありまして、、、

と言っても、今の若い子たちはわかんないか(笑)

40手前のおじさんのノスタルジーだと思って忘れてくれい(笑)

 

と言いつつ話を蒸し返すと、その当時、RDti50という黒ラケがありまして、赤ラケはそいつと人気を二分した競技者モデルだったんですよ。

 

実はこのうち黒ラケは当講座代表の山口も現役時代使っていた時期があるそうです。

 

黒ラケ赤ラケ

両者を比較すると、赤ラケのほうが薄くて飛ばなくて、ストリングパターンも細かくて、完全にハードヒッター向けのモデル。

そんなわけで、YONEXで赤のラケットと言えば、本格的な競技志向モデルという印象なんですよね。

 

YONEXの赤いラケットを見るとついそんなことを考えてしまいます。

 

ま、それはさておき、新しいVCOREのレビューをしてみましょう。

 

今回のVCOREのここがすごい

 

まず、ここを見てください。

グロメットの下の部分。

ここの凹凸がかなり少なくなって、より空気抵抗が少ない仕様になっていますね。

 

えーーと、「どっかでこんなの見た」とか言わない(笑)

ピュアア〇ロとかそんなの全然関係ないから(笑)

 

最近のラケットのトレンドとしては、いかに空気抵抗を減らしていくかということなんですね。

ここには各メーカーともいろいろ工夫をこらしてしのぎを削っています。

ピュアア〇ロとか関係ないから(笑)

 

で、ここにも空気抵抗を減らすための工夫が。

写真からわかりますかね?

シャフト部分が少し凹んで、になっているんですよ。

これによって、スイング時にラケット周辺の空気の流れがスムーズになるということです。

なんかすごいデザインになってますよね。

 

実際に打ってみた感想

 

実際に打ってみた感想なんですが、前作のVCORE SVとは明らかに別物という打感になっています。

ヨネックス 2017 Vコア エスブイ98 (305g) 海外正規品 (YONEX VCORE SV98)VCSV98YX【2016年9月発売 硬式ラケット】[AC]

価格:19,800円
(2018/10/18 15:50時点)
感想(6件)

こっちのSVの方は型落ち扱いになって、安くなってますが、新しいVCOREと比較すると、全然別物。

 

まず、前作のSVと比べて、新しいVCOREのボールの飛びはやや抑えられている印象です。

前のSVがボールをカキーンと弾き飛ばすような感覚だったのに対して、今回のVCOREは明らかに少しラケット面にボールが乗っかる印象です。

その分飛ばなく感じるだけなのかもしれませんが、ラケットにボールが乗っかってくれる分、明らかにコントロールしやすくなっているんですよ。

ここは競技者としては一番うれしい部分ではないでしょうか。

今回のVCORE競技レベルのプレーヤーに自信を持っておすすめできるモデルになっています。

ヨネックス YONEX テニス硬式テニスラケット VCORE 98 Vコア 98 18VC98「大坂なおみ全米オープン優勝記念キャンペーン」「Vコアレッドキャンペーン」 「KPIテニスベストセレクション」

価格:26,730円
(2018/10/18 16:01時点)
感想(2件)

さ、そうなると今まで人気があったYONEX EZONEとどちらを選ぶか悩ましいことになりますね。

ヨネックス YONEX 硬式テニスラケット EZONE 98 Eゾーン98 17EZ98-576「大坂なおみ全米オープン優勝記念キャンペーン」「Vコアレッドキャンペーン」「ガットプレゼント」 「KPIテニスベストセレクション」

価格:26,730円
(2018/10/18 16:02時点)
感想(1件)

EZONEは一躍「時の人」となったあの大坂なおみ選手使用モデル。

大坂なおみ選手のラケットについてはこちらの記事をご覧ください。

 

大坂なおみ選手使用ラケット

http://mindtennis.net/2018/04/01/racket-9/

 

VCOREかEZONEか

 

そんなわけでVCOREが弾きのいいラケットから、少し球乗りのいいラケットになったこと。

ボールコントロールがしやすくなったことで、感触がややEZONE寄りに近づいたということ。

 

一方のEZONEが今回のモデルから、VCOREと同じく305グラムになったこと。

 

以上のことを考え合わせると、VCOREとEZONEの差は縮まったように思えます。

どちらを選ぶか非常に悩ましい(笑)

 

YONEXユーザーにとっては悩みの種が増えましたね。

ただ、私、村上個人の感想からすると、振り抜きが「ビュン!!」と気持ち良くて、よりスピンがかかるのはEZONE。

ボールの初速が速くてドカンとフラットドライブ系で攻めていくのはVCOREという感じかな。

 

まとめ

 

今回のVCORE、EZONE、両者ともその出来は秀逸。

ぜひ一度使ってみてください。

ヨネックス Vコア 98 フレイムレッド 2018(YONEX VCORE 98)305g 18VC98YX 硬式テニスラケット

価格:21,580円
(2018/10/20 00:08時点)
感想(0件)

 

【大坂なおみ使用モデル】ヨネックス イーゾーン 98 ブライトブルー 2018(YONEX EZONE 98)305g 17EZ98 硬式テニスラケット

価格:19,380円
(2018/10/20 00:09時点)
感想(2件)

よくよく吟味あるべきものなり。

 

この記事を読んでいいね!と思ってくださった方、なるほどと思ってくださった方、ぜひ下のシェアボタンからSNSでシェアしてくださいますようお願いいたします。

 


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket