LINEで送る
Pocket

どうも。管理人の山口です。

 

今回はメンタルの話。

 

このブログの真骨頂とも言ってよいジャンルです。

 

ポイント間にどう気持ちを切り替えたら良いか」という話をします。

 

どうしようもないミスをしたとき、ここぞというポイントを落としたとき、どう気持ちを切り替えますか。

 

ここでどう開き直れるかが勝負の分かれ目だったりするのですが、多くの選手が、気持ちを切り替えることの大切さを知りながら、

 

気持ちを切り替える方法

 

について習っていないのです。

 

では、気持ちを切り替えるのにどんな方法があるか。

 

私が選手時代に有名な世界的トレーナーさんから教わった方法を以下で紹介したいと思います。


スポンサーリンク

この方法はアメリカのスポーツ選手などが教わっていることらしいのですが、

 

私には初耳でした。

 

それは「ドアイメージ」というものです。

 

文字通りなんですが、ドアを閉めるイメージと開けるイメージを使います。

 

どうしようもないミスをしたときには、頭の中でドアをばたんと閉めて、二度と出てこないように、カギをかけてしまいます。で、次の新しい扉を開けるイメージを持つとのこと。

 

頭の中でのイメージなので、なかなか難しいかもしれませんが、ミスを引きずってしまう人、ぜひ、試してみて欲しいと思ってます。

 

このドアを閉めるイメージというのはテニスに限った話ではないですよね。

 

別のスポーツでも、もっというとスポーツじゃなくても、気持ちを切り替えなきゃいけないときってあるじゃないですか。

 

この記事が少しでも多くの人の役に立てばと思っています。

 

実はまだまだメンタルに関しては、先述の世界的トレーナーさんから教わったことがたくさんあります。

 

これから少しずつこのカテゴリーの記事を増やしていきますので、ぜひまた読んでください。

 

よくよく吟味あるべきものなり。

 


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket