ナダル・ジョコビッチを撃破!カルロス・アルカラス選手の快進撃を支えるラケット

Pocket

はじめに

 

この講座は、

「読むテニスの教材」として、

テニスのレベルアップに役立つ情報や、

テニスの上達法、

テニスの練習法、

最新のテニスグッズ

などを紹介していきます。

スマホで記事をご覧の方は、画面左上にある三本線のボタンをタップしてください。

メニュー画面が開き、調べたい項目に一発でジャンプできます。

 

今回はラケットの話です。

 

スペインの若手、カルロス・アルカラス選手の勢いが止まらない!

先日の2022マドリードで、ナダル、ジョコビッチ、ズべレフらのトップ10選手を次々と破り優勝!

もともとそのポテンシャルの高さで注目を集めていた若手選手ですが、

一気に頭角を現してきました。

 

私も少し前から注目はしていて、

以前にこんな記事を書いていたんですが、

スペイン期待の若手選手 カルロス・アルカラス選手の使用するラケット

その時は、まさかこんなに早くに結果を出してくるとは思っていませんでした。

まあ、あと数年したらトップクラスになるかなというくらいにしか思ってなかったので、

本当に驚きました。

 

さて、今回の記事では、

そんなアルカラス選手が使用するラケットについて書いてみたいと思います。

以前書いた記事の段階では、まだバボラのピュアアエロを使用していたアルカラス選手。

ラケットを変えてから絶好調のようで、

今回はその辺について語ってみたいと思います。

 

カルロス・アルカラス選手

 

さて、まずはアルカラス選手を簡単に紹介。

身長185㎝ 体重72kg Wikipediaによる

 

190㎝の選手が増えてきた昨今の男子テニス界においては、

特別長身の選手というわけではありません。

 

その分動きが機敏。

 

そしてこの肉体。

しかし、アルカラス選手自身も、これ以上筋肉をつける方向にはいかないと語っているようです。

確かに筋肉はついていますが、太くて重たい筋肉ではないですね。

身長と体重の比で見ると、そうとう細い印象さえ受けます。

 

バックハンドは両手打ちですね。

さて、そんなカルロス・アルカラス選手の使用するラケットについて見てみましょうか。

 

カルロス・アルカラス選手の使用するラケット

 

カルロス・アルカラス選手の使用するラケットなんですが、

ほんの少し前に、

ピュアアエロ → ピュアアエロVSに変更。

これが大当たり。

 

同郷のラファエル・ナダル選手と同じくピュアアエロを使っていたアルカラス選手。

しかし、そこから同じバボラのピュアアエロVSへとスイッチ。

 

バボラ ピュアアエロVS

 

通常のピュアアエロが100平方インチなのに対し、

98平方インチと少しヘッドサイズが小さく、

スペック的には、グリグリのスピンボールを打つというより、

フラットドライブ系のショットに適した仕様かと思います。

アルカラス選手のプレースタイルにはピッタリですね。

 

ちなみに、アリアシム選手の使っているピュアアエロVS(表向きはピュアアエロ)とは全然別物です。

フェリックス・オジェ・アリアシム選手の使用するラケット・ガット(ストリング)

アリアシム選手は、昔のボックス形状のピュアアエロVSにペイントしているだけですね。

 

いわゆるペイントジョブってやつです。

テニスラケットのペイントジョブとプロストックについて

アリアシム選手も一度ラウンド形状のピュアアエロVSを使ったことがあるんですが、

即元に戻しました(笑)

きっと全然感触が違ったんでしょうね。

 

カルロス・アルカラス選手の使用するストリング

 

RPMブラストだと思われるんですけど、

ゲージについては125と言う情報源と、130という情報源があって、

どちらか調査中です。

 

バボラからはRPMラフや、最近ではRPMパワーなども出ていますが、

RPMブラストはやっぱりいいです。

ガットが切れて再確認したRPMブラストのスピン性能

まあ、カルロス・アルカラス選手なんかは、

ジュニアの頃から慣れ親しんだRPMブラストでしょうから、

簡単に最新のストリングには変えられないのかなとも思いましたが、

ラケットは変えてるんだよなぁ、、、(笑)

 

カルロス・アルカラス選手の使用するグリップ

 

情報元の正確性は若干不安なのですが、海外のサイトでアルカラス選手の使用するグリップは、

レザーグリップであるとの情報がありました。

 

真偽のほどは調査中ですが、もし本当だとすると、

最近の若手選手では、珍しいかもしれません。

 

ズべレフ選手とか、メドベージェフ選手など、最近の若手選手は、

レザーグリップじゃないと言われてますからね。

まあ、今の若手世代って、ジュニアの頃からシンセティックグリップを使ってますよね。

現在の40代以上の人なら、市販のテニスラケットに本革のレザーが巻かれていた時代を知っているかもしれませんが、

そんなラケットも今では全然見なくなってしまいました。

 

ナチュラルレザーが標準装備のラケットなんてこれくらいしかないんじゃ、、、

 

バボラ ピュアストライクVS

created by Rinker
バボラ(Babolat)
¥30,086 (2022/07/29 14:02:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

と、最近では減っているレザーグリップについてはまた別の機会に語ります。

 

カルロス・アルカラス選手の使用する振動止め

 

振動止めはなし。

手にダイレクトな打感が伝わるのが好みなんだと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

大注目の若手選手が出てきました。

BIG4時代のあとは、メドベージェフ選手の一人勝ちかと思われましたが、

メドベージェフ選手もケガしたり、万全ではない中、

新たなスーパースター誕生の兆し。

 

今後も大注目ですね。

おすすめラケット講座としては

ピュアアエロVSがこれから一気に売れると大注目。

ぜひみなさんも使ってみてください。

 

この記事を読んで、

いいね!と思ってくださった方、

なるほど!と思ってくださった方、

ぜひ下のシェアボタンから

SNSでシェア

してくださいますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA