1本230円だと!?プロズプロ インテンスヒート コスパ最強のストリングを紹介!

Pocket

はじめに

 

この講座は、

「読むテニスの教材」として、

テニスのレベルアップに役立つ情報や、

テニスの上達法、

テニスの練習法、

最新のテニスグッズ

などを紹介していきます。

スマホで記事をご覧の方は、画面左上にある三本線のボタンをタップしてください。

メニュー画面が開き、調べたい項目に一発でジャンプできます。

 

今回はストリングの話です。

 

今回はついにこのストリングを紹介します。

 

プロズプロ インテンスヒート

 

もう正直ね、このストリングを紹介するのは反則なんじゃないかと思っていたんで、

今の今まで黙っていた感じなんですが(笑)

とうとう紹介しちゃいます。

 

何が反則かって?

今日はそんな話をしようと思います。

 

プロズプロ インテンスヒート

 

PRO’S PRO INTENSE HEAT

プロズプロ インテンスヒート

200mロールが、なんと3900円!!

大事なことなので、もう一回言います。

3900円!!!

39000円の間違いでも、13900円の間違いでもありません。

単張りでの価格でもありません。

 

本当に200mのロールが3900円なのです。

200mロールですから、うまく張れば大体ラケット17本分くらい張れるとして、

計算すると、一本当たりの値段はなんと230円を切ります。

 

230円

もう脅威の価格ですよね。

 

私が試しに買ってみたのは、ブラックですが、

張ってみるとこんな感じ。

けっこうツヤツヤした感じのブラックなんですよね。

バボラのRPMブラストなんかの方が、もう少しツヤが抑えられたカラーかもしれません。

個人的にはあんまりツヤツヤだと安っぽいビニール的な感じがして好きではないんですが。

この価格なので、全く文句はありません。

 

また、黒の色もまさに真っ黒という感じで、

ちょっとグレーがかったグラファイトカラーみたいな感じではないです。

個人的にはグラファイトカラー好きなんですけどね。

グラファイトカラーと言えば、このあたりのストリングかな。

 

ヨネックス ポリツアーストライク

アイアングレーということですが、黒とグレーの中間みたいな感じ。

こんな色がわりと好みなんですが、

プロズプロのブラックは、本当に黒そのもの。

 

では、実際に張って打ってみた感想を以下にレビューとして記します。

 

プロズプロ インテンスヒート レビュー

 

プロズプロ インテンスヒート

プロズプロ インテンスヒート

打感・・・○

飛び・・・△

耐久性・・・○

スピン性能・・・△

テンション維持性能・・・○

総合評価・・・◎

といったところですかね。

 

まずは、打感。

打ってみて、安っぽさを感じたりとか、そういったことは一切ないです。

以前、別の激安ロールを買ったときは、ちょっと昔のポリっぽい感覚がしたんですけど。

究極の激安ポリストリング KPI KーGUT レビュー

プロズプロの場合は、そんな安っぽさはなかったですね。

ポリでありながら、程よい柔らかさを感じました。

打感がシャープでハッキリと打った感触がわかるタイプではなく、

どちらかと言うと、マイルドな打感です。

ボールの飛びもそこまで強くはなく、やや抑えめ。

 

で、ちょっと意外だったのが、その耐久性。

これ、大手メーカーのポリを多数打ってレビューを書いてきた私が自信をもって断言できるのですが、

このプロズプロ、相当耐久性がいいですよ。

同じ125ゲージでもかなりもちがいいと思います。

 

スピン性能はそこまで高くはありません。

この激安ストリングにさらにスピン性能を求めるのであれば、

こちらの商品がおすすめ。

 

プロズプロ ブラックアウト

この商品はテクニファイバーのブラックコードのような感覚。

1.24というゲージといい、ブラックコードにかなり寄せてきてるような気が(笑)

テクニファイバーのブラックコードと言えば、

多角形ストリングの王道みたいなヤツですね。

おすすめ多角形ポリエステルストリング(スピンガット)のまとめ 評価 レビュー

 

テクニファイバー ブラックコード

created by Rinker
Tecnifibre(テクニファイバー)
¥1,485 (2022/10/03 04:03:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

まあ、私個人はそこまでスピンをグリグリかけるタイプではないので、

インテンスヒートのスピン量に不満はないんですけどね。

 

で、最後にテンション維持性能。

こちらは、通常のポリエステルのストリングと大きく差はないと思います。

私も使っていて、特に安いストリングだからテンションがすぐ落ちたという気はしませんし、

全くテンション維持性能に問題はありません。

 

というか一本230円のストリングなんて、切れなくてもさっさと張り替えろと言いたい(笑)

 

そんなわけで、この価格でこの性能を持つストリング。

総合評価で◎以外ありえないだろうという話です。

 

間違いなくおすすめです。

 

プロズプロ インテンスヒート シリーズ

 

カラーバリエーションも豊富

 

私が購入したブラックの他には、

シルバー

 

ブルー

 

ホワイト

これらのカラーバリエーションがあります。

シルバーがアルパワーみたいで無難でかっこいいかな。

 

ストリングをバシバシ切ってしまう猛者たちには、

ゲージ130もあります。

 

オレンジ

お手持ちのラケットがヘッドのラジカルみたいなカラーなら、

このオレンジもありですね。

 

ホワイト

どんなラケットにも合わせやすいホワイト。

テクニファイバーのアイスコードみたいな感じですね。

名前とは正反対の柔らかさ!? テクニファイバー アイスコード レビュー まとめ

でも、値段はアイスコードの何分の1だよって話です(笑)

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

プロズプロ、今まで全然知りませんでしたが、使ってみて、

こんなに安くていいストリングがあるのかと驚きました。

 

このレベルのポリエステルストリングがこの価格で手に入る。

もう奇跡としか言いようがありません。

一度単張りでお試しください。

などと、今回は言うつもりがありません。

いきなりロールで買っても問題ないでしょう。

万が一自分には合わないと思ったとしても、

3900円ですからね。

迷わずポチるべし!!!

まずはシルバーの125ゲージあたりからトライしてみましょう。

 

この記事を読んで、

いいね!と思ってくださった方、

なるほど!と思ってくださった方、

ぜひ下のシェアボタンから

SNSでシェア

してくださいますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA