ヨネックス ポリツアープロ 黄色と黒の違いを徹底解説! レビュー まとめ

Pocket

はじめに

 

この講座は、

「読むテニスの教材」として、

テニスのレベルアップに役立つ情報や、

テニスの上達法、

テニスの練習法、

最新のテニスグッズ

などを紹介していきます。

スマホで記事をご覧の方は、画面左上にある三本線のボタンをタップしてください。

メニュー画面が開き、調べたい項目に一発でジャンプできます。

 

今回はストリングの話です。

 

超人気!定番中の定番ポリエステルストリングである

ヨネックス ポリツアープロ

 

ポリエステルストリングは数多くありますが、

これほど長く愛され続けているロングセラーモデルはなかなかないと思います。

 

例えば、バボラだと昔はバリスティックポリモノとか、

プロハリケーンなんてストリングもありましたが、

現在ではもうカタログに載っていませんね。

それほど商品の入れ替わりというのは激しいものなのです。

 

そうであるにもかかわらず、

新製品が次々と投入されるポリエステルストリング市場において、

今なおトップクラスの評価を獲得し続けている

ヨネックス ポリツアープロ

今回はこのポリツアープロについて書いてみたいと思います。

 

ヨネックス ポリツアープロ

 

ヨネックス ポリツアープロ

 

ポリツアープロと言えば、この蛍光色のフラッシュイエローがまぶしいストリング。

私もピュアアエロにポリツアープロを実験的に張ってみました。

ピュアアエロにポリツアープロを張るとピュアドライブになった話

黄色がとにかくまぶしいです。

 

それだけでなく、先のリンクの記事にも書いているのですが、

打った感触がとても柔らかく、非常にマイルドで肘や手首にやさしい印象です。

逆に言うと、ボールを打った感じがしないということになるかもしれませんが、

強烈なボールを打ち合い、体に大きな負担がかかる競技者にとっては、

とてもありがたい設計だと思うのです。

 

ヨネックスの契約選手が、こぞってこのポリツアープロを選択するのも納得です。

長時間の練習、過酷な試合。

プロレベルの選手であれば、あるいは、そこまで行かなくても、

競技者にとっては、身体の負担をいかに抑え、

ケガを少なくするかということが重要になってきます。

ポリツアープロは、間違いなくそんな競技者のニーズにこたえるものだと思います。

 

さて、そんなヨネックスのポリツアープロですが、

発売当初はフラシュイエローだけだったのに、

ブラックカラーその他のカラーも登場し、

選択肢が増えました。

 

色が変わっただけでしょ?

自分の好きな色や、ラケットの色とのコーディネートで好きに決めたらいいじゃん。

と思われた方、

 

ちょっと待った!!!

実はこのヨネックスのポリツアープロ、

色によって、全くと言っていいほど打感が違うのです。

 

ひとまず黄色と黒とでどれほど違うのかという話をしてみましょう。

 

黄色と黒でどれほど違うの?

 

このポリツアープロ黄色と黒でただの色違いと思ったら大間違いです。

黒と言いましたが、

正確には「グラファイト」カラーと言いまして、

若干グレーっぽい黒なのです。

画像からはわかりにくいですが、

バボラのRPMラフのような完全なブラックカラーとはちょっと色味が違って見えます。

ただ、めんどくさいので、ここでは「黒」と呼んでおきます。

 

黄色と黒では打球感が違う。

これは多くのプレーヤーがそう語るので、

私も半信半疑になって、自分で張って実験してみたのです。

打感の違いが生まれるのは、製造工程で原料に混ぜるインクが黄色と黒とで異なり、

黒の方が硬くなるという風に言われていますが、

そんなもの、打ってみないとわかりません。

そんなわけで、使っている方にもいろいろ聞いてみたり、

自分で打った感触をレビューしますと、、、

 

やっぱり、黒の方が硬いですし、

飛びも抑えられ、少し「芯」があるような打球感なんですね。

 

イエローの方が柔らかく、ボールがギュンと勢いよく飛ぶ感じがしたのですが、

黒の方が飛びが少し抑えられていて、硬い感触で、ボールを潰せると感じました。

 

もともと個人的には、バボラのRPMラフのような、

少し硬いポリエステルの打感が好きなタイプなので、

私は個人的に黒のポリツアープロの方がイエローの打感より好きです。

 

ただ、黒のポリツアープロが少し硬い感触と言っても、

バボラのRPMラフなんかに比べたら、打球感はずっと柔らかくマイルドですよ。

 

マイルドな打球感と、少しボールを潰せるコントロールをうまく両立させたい方には、

ポリツアープロの黒はいいと思います。

より柔らかい打球感と、身体への負担減を求める方は、

黄色にすべきでしょう。

 

余談

 

ポリツアープロに「黒」が登場した当初、

 

私は、ヨネックス契約のスタン・ワウリンカ選手が、

ヨネックス契約でありながら、

バボラ RPMブラスト130

をかたくなに使い続けているので、

ワウリンカ選手がポリツアープロを使っているかのように

カモフラージュするために「黒」が登場したのかな。

なんてうがった見方をしていたのですが、

 

いやいや、ポリツアープロの黒って、

そんなおまけで登場したようなストリングではなく、

ポリツアープロの黄色と並んで名作と呼べる素晴らしい仕上がりのストリングですよ。

 

競技レベルの高い選手に、かなりおすすめできるストリングです。

 

より硬い感触で、さらにしっかりボールをつぶす感覚が欲しければ、

ポリツアーストライクにするべきかもしれません。

 

YONEX(ヨネックス) ポリツアープロ VS ポリツアーストライク レビュー

私自身はこのポリツアーストライクの方が好みかも。

 

バボラのストリングで言うと、RPMラフの感じに近い、カキーンていう感じなんですよね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ヨネックス ポリツアープロ

何度も言いますが、ただの色違いなんかではありません。

好みによって、使い分けてみるとよいですよ。

 

この記事を読んで、

いいね!と思ってくださった方、

なるほど!と思ってくださった方、

ぜひ下のシェアボタンから

SNSでシェア

してくださいますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA