とにかく速いサーブが打てるテニスラケットはこれ!

Pocket

はじめに

 

この講座は、

「読むテニスの教材」として、

テニスのレベルアップに役立つ情報や、

テニスの上達法、

テニスの練習法、

最新のテニスグッズ

などを紹介していきます。

スマホで記事をご覧の方は、画面左上にある三本線のボタンをタップしてください。

メニュー画面が開き、調べたい項目に一発でジャンプできます。

 

今回はラケットの話です。

 

とにかく速いサーブが打ちたい!!!

今回はそんな方におすすめしたいラケットを紹介します。

 

一昔前だと、200キロのサーブなんてのは、

トッププロの間でも、ごくひと握りの超ビッグサーバーだけしか打てないものでした。

 

ボリス・ベッカー選手やピート・サンプラス選手の時代まで遡ると、

トップ10にランク入りするような選手でも200キロのサーブを打つ選手はわずか。

 

ところが現在はラケットやストリングなどの道具の進化によって、

アマチュアであっても、200キロのサーブは夢ではなくなってます。

 

ちなみに管理人も200キロに挑戦中!?

私のサーブは○○キロでした(2021年7月13日追記)

 

そして、トッププロは220キロとか、230キロのサーブが打てるようになってきています。

今や、トッププロで200キロのサーブが打てない選手なんていないんじゃないか?

というほどです。

 

すごい時代になったものです。

 

しかし、アマチュアである我々にとっては、

200キロのサーブはまだまだ夢の世界、あこがれの世界であり、

そこには簡単に越えられない壁が存在しています。

では、どんなラケットを使えば、夢の200キロのサーブが打てるか。

速いサーブを打ちたいのであれば、速いサーブを打つのに適した道具選びが必須です。

 

道具にモノを言わせて、楽してスピードを上げたい。

今回はそんな腐ったマインドのク〇野郎が小躍りして歓喜する話です(笑)

 

では、サーブスピードが間違いなく上がるラケットを、

順に紹介していきましょう。

 

バボラ ピュアドライブ

 

バボラ ピュアドライブ

言わずと知れた黄金スペックの最強ラケット。

 

その完成度の高さから、ありとあらゆる人におすすめしやすい、万能モデルです。

そして、今回のはデザインもいいよね。

 

ピュアドライブと言えば、何と言ってもその飛びのよさがウリ。

誰でもその高反発なラケットから驚くほどのスピードボールが打てます。

昔私が試合に出ていたころの話ですが、

まだ体ができていないヒョロヒョロの中学生から、

驚くようなスピードの球が飛んできたことを覚えています。

おそるべし、ピュアドライブのチート性能。

 

世界最速サーブはピュアドライブから生まれているという事実も見逃せません。

事実 テニスの世界最速サーブはピュアドライブから生まれている

世界最速の称号を持つサミュエル・グロス選手。

グロス選手というと、ピュアアエロのイメージですが、

最速サーブを記録していた時に使っていたのはピュアドライブなんですね。

 

また、ピュアドライブと言えば、アンディ・ロディック選手など、

過去のビッグサーバーたちが愛用する武器だったことも忘れてはなりません。

 

最新版のピュアドライブは、見た目もかっこよくて、

持っているだけで速いサーブが打てそうな気がしてきます。

 

ヘッド エクストリームMP

 

ヘッド エクストリームMP

エクストリームシリーズであれば、エクストリームMPが、最高にパワーが出ます。

 

振り抜きやすさと、その厚みのあるフレームから繰り出される爆発的なサーブの威力は、

ピュアドライブにひけをとりません。

 

エクストリームシリーズと言えば、

2021年ウインブルドンで快進撃を見せた、ベレッティーニ選手が使っていたのも印象的でした。

 

また若手期待のイケメン選手、ムゼッティ選手もこのエクストリームシリーズですね。

錦織圭選手を破ったイケメン選手 ロレンツオ・ムゼッティ選手のラケット

 

ストロークとか総合力を考えたラケットのバランスであれば、

エクストリームツアーがもっとも優れていると個人的には感じていますが、

サーブだけなら絶対エクストリームMPですね。

 

パワーのあるプレーヤーならエクストリームプロもあり。

 

それにしても、昔ヘッドの契約選手と言えば、

プレステージシリーズを使っているのが当たり前みたいな感じでしたけど、

最近はエクストリームのようなパワー系のラケットを使う選手も多いですね。

まあ、実際はペイントジョブだったり、その中身はわからないんですけどね。

 

エクストリームシリーズだけでなく、ヘッドでは次に紹介するラジカルの使用者も多いです。

 

ヘッド ラジカルMP

 

ヘッド ラジカルMP

決して厚みがあるフレームというわけではないんですけど、

ラジカルはめちゃくちゃいいサーブが打てると個人的には感じています。

 

ただそれは、2021年の最新版よりも、295gというスペックだった旧モデルまでのラジカルMPの話。

295gって、300gと比べるとたった5gの違いでしかないのですが、

めちゃくちゃ扱いやすく感じるんですよね。

個人的にはこっちのラケットの方が、

めちゃくちゃ気持ちよくサーブが打てました。

 

ウィルソン ウルトラ100

 

ウィルソン ウルトラ100

 

ウィルソンのラケットで爆速サーブを打つなら、

なんと言ってもウルトラシリーズ。

(画像はラケットハウスキングさん提供)

 

錦織圭選手の使用するややハードなスペックのものでさえ、

実際に打ってみると、こんなにも飛ぶのかと驚かされます。

それくらい、ウルトラシリーズのフレームの反発力は半端ないです。

 

ウィルソン ウルトラ100であれば、

さらにその遥か上を行くボールの飛びが期待できます。

 

ただ速いサーブというだけでなく、しっかりコントロールも効くという点で、

ウルトラ100は、サーブを軸に戦うプレーヤーにとって強力な武器になるかもしれません。

ピュアドライブなんかは、とにかく打感が柔らかく、

悪く言うと、打った感じがしないという人もいるんですね。

ボールをしっかりと打つ感覚がより欲しい方はウィルソンかな。

 

ヨネックス VCORE100

 

ヨネックス ブイコア100

 

シャポバロフ選手モデルの95もいいけど、こいつを扱うにはパワーがいりますよね。

 

扱いやすくって、ドカンとパワーのあるボールが打てるラケットとなると、

100平方インチのラケットがベスト。

ただヨネックスのラケットは、今まで紹介したラケットの中では、

そこまでサーブに特化した感じではないかも。

独特のアイソメトリック形状のせいなのか、

振り抜きやすさでいうと、それほど有利とは感じません。

 

その代わりストロークはめちゃくちゃ打ちやすいんですけどね。

スピンはかかるし、強力なスピン系のサーブを打ちたいというなら、

間違いなくおすすめできる一本です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

速いサーブはやはり憧れ。

今使っているラケットを見直して、

今までにないスピードを手に入れませんか?

もしあなたが古いラケットを使っているのであれば、

今回紹介した最新のラケットのパワーに驚かれるはずです。

ぜひ。

 

この記事を読んで、

いいね!と思ってくださった方、

なるほど!と思ってくださった方、

ぜひ下のシェアボタンから

SNSでシェア

してくださいますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA