LINEで送る
Pocket

どうも。管理人の山口です。

 

テニスの上達、いやいや、すべてのスポーツ、すべてのスキルにに関して今日は一言だけ。

 

間違った動きを反復していて、それって練習なの?

 

と言いたいのです。

 

音楽の父と呼ばれるご存知バッハはピアノ(オルガン)の上達法についてこう述べています。

 

正しい鍵盤に指を置くだけ。

 

そう、とにかく間違えずに正しい鍵盤に指を置いて演奏するだけだというのです。

 

小学校のときに、算数ドリルというのがありましたね。

3+4=

1+2=

5+3=

というような問題をくり返して解いていく。

 

そうして、計算の基礎を身につけていくわけですよね。

 

3+4=8

 

これって間違いですよね。

 

もしあなたの子供が、3+4=8というのを手元のノートにひたすら何回も書き続けていたらどうしますか。

 

それって間違いを覚えているわけですから、正しい答えを覚えるように促すでしょ。

 

テニスでも他のスポーツでも一緒なんですよ。

 

反復すべきは正しい動作であって、間違った動きをいくら反復しようと無駄なんです。というかそれはむしろ有害ですらある。

 

それに気づかず、あるいは気づいているのに直そうとせずに反復していたらどうなると思いますか。

 

そう、うまくならないのです。

 

算数ドリルならそれがマズいと誰でも気づくのに、これがテニス、スポーツとなると全然気づかないという方はたくさんいらっしゃるわけです。

 

「正しい動作」をもっと意識してください。

 

ではまた。

LINEで送る
Pocket