LINEで送る
Pocket

はじめに

 

どうも。管理人の山口泰弘です。

 

今回はグリップについての話です。

 

みなさんはどれぐらいの頻度でグリップテープを交換していますか?

テニススクールには5年以上グリップを巻き替えていないというツワモノも(笑)

グリップはプレーヤーとラケットの接点です。

もっと真剣にグリップのことを考えてみましょう。


スポンサーリンク

 

グリップの交換時期

 

まずはこの動画をご覧ください。

この動画は私がもっとも信頼するテニスショップ、ラケットハウスキングさんに提供していただいています。

ラケットハウスキングの桒田さん、いつもありがとうございます。

この動画はバドミントンのラケットで解説していますが、テニスの場合も基本的には全く同じ考え方で正解です。

 

持ってみて、滑ったら替える

これ、当然のことなんですよ。

 

ところが、多くの方が、ツルツルに滑るようになったままでも平気でプレーしています。

さらにはツルツルなグリップどころではなく、ボロボロにやぶれたグリップでプレーしている方もいます。

 

いいですか。

それでいいプレーなんかできるわけないんです!!!

 

グリップはなぜ滑ってはいけないか

 

グリップがなぜ滑ってはいけないか。

「そんなのラケットを振ったときにすっぽ抜けないためだろう」

と思われるかもしれません。

もちろん正解です。

 

じゃあ、多少グリップがツルツルになっても、「ラケットがすっぽ抜けない程度」ならまだまだグリップを巻き替えなくていいだろうと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

甘いです!!

 

グリップが少しでも滑るようになってくると、ラケットのスイングスピードは明らかに落ちます

特にサーブ

なぜか。

テニスのショットの中で、サーブは最もラケットを速く振りぬくショットです。

グリップが滑ると、体は自然とラケットがすっぽ抜けないように、少し遠慮してスイングをするようになります。

自分では気づかないくらいのレベルで、無意識に体は調整しています

なので、新品のグリップでサーブを打つのと、ちょっと古くなったグリップでサーブを打つのでは明らかにスイングスピードは変わってきます。

こんなグリップでいいサーブなんか打てないだろう!と言いたい。

 

もう一つ、ボールを打つときに、ラケットはボールの衝撃を受けて、ラケット面が押されます。

ボールを完ぺきにスイートエリアでとらえたつもりでも、多少ラケットの面はグラつくものです。

いわゆる「面ブレ」ってやつですね。

 

その面ブレがおきたときにツルツルのグリップであれば、手元までくるってずれてしまいます。

ラケットがしっかり握ぎれていなければ、いいショットは打てません。

 

ようするに、グリップが滑ることで、パフォーマンスレベルは一気に下がってしまうのです。

握力が20キロぐらいしかない女性ならなおさらですよね。

非力な方であれば、とくにこのグリップテープの交換は怠らない方がいいです。

握力が80キロくらいあれば、滑っても握れるかもしれませんが、そんな方でもグリップは交換した方がいいプレーができるに決まっているのです。

 

どうやって交換するのか

 

そうは言ってもグリップテープの交換はめんどくさそうだし、むつかしそう。

そう思われている方はいらっしゃいませんか?

そんなことないです。実はとっても簡単。

こちらの動画を見ていただけるとよくわかります。

こちらもラケットハウスキングさんに提供していただいてる動画です。

 

また、当講座では過去記事に正しいグリップテープの巻き方という記事があります。

ぜひこちらも参照してください。

https://mindtennis.net/2018/02/14/grip-3/

 

おすすめのグリップテープ

 

このグリップはおすすめです。

『10%OFFクーポン対象』「あす楽対応」Wilson(ウイルソン)「プロ・オーバーグリップ(12本入り)PRO OVERGRIP 12PK WRZ4022」オーバーグリップテープ[ネコポス可]『即日出荷』

価格:2,300円
(2018/12/30 11:29時点)
感想(33件)

滑りにくくて非力な方でも、ラケットがしっかり握れます。

 

私はこちらのバボラのグリップを使っています。

[バボラ テニス アクセサリ・小物]VSグリップ×12/VS GRIP/12本入(BA654010)

価格:2,332円
(2018/12/30 11:31時点)
感想(0件)

こちらの方がサラッとしていて、グリップチェンジしやすいですが、滑りにくいという観点からすると、Wilsonのグリップに軍配が上がります。

 

12本入りのグリップなんて多すぎるよ。

なんて言わないで、そんなの1ヶ月に1回巻き替えて1年で消費するつもりでいてくださいと私は言いたい。

 

他のおすすめのグリップテープについてはこちらの記事にまとめてますので、ぜひ参照してください。

https://mindtennis.net/2018/10/03/grip-5/

 

グリップテープは白がいい

 

よし、じゃあこれからはグリップをマメに交換しようと決意された方、グリップを買われる際は白を買いましょう。

その理由はこちらから。

グリップテープは白がいい?

https://mindtennis.net/2018/10/03/grip-5/

 

また、白のグリップであれば、

こんな風に徐々に汚れてきます。

さすがにずぼらな人でもこうなったら替えるでしょう。

 

グリップを長く交換しない方の多くは「汚れが目立ちにくい」という理由で黒のグリップを選んだりします。

 

逆ですよ!!

汚れてきたのがはっきりと目立ってわかるように「白」を選ぶべきなんです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

グリップ、マメに交換してくださいね。

というか、交換を全然しない人、汗をかいてそれを吸い込んだものをよくそんな長期間替えずに握れるねと言いたい。

顔拭くタオル、毎日洗濯して交換するよね。

 

よくよく吟味あるべきものなり。

 

この記事を読んでいいね!と思ってくださった方、なるほどと思ってくださった方、ぜひ下のシェアボタンからSNSでシェアしてくださいますようお願いいたします。

 


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket