トーナグリップのすべらない話

Pocket

はじめに

 

この講座は、

「読むテニスの教材」として、

テニスのレベルアップに役立つ情報や、

テニスの上達法、

テニスの練習法、

最新のテニスグッズ

などを紹介していきます。

今回はグリップテープの話です。

 

以前にも紹介した

トーナグリップ

【メール便送料無料】トーナ グリップ XL ドライ(TOURNA GRIP XL)10本入り TG-10XL 硬式テニス オーバーグリップテープ

価格:2,373円
(2020/3/5 10:08時点)
感想(1件)

史上最強のドライグリップと名高い一方、

トーナグリップ レビュー 史上最強のドライグリップ

 

耐久性はイマイチなんだな...

という声もチラホラ。

 

たしかに、

トーナグリップって、

わりとすぐに表面が剥がれて、

ボロボロになってくるんですよね。

ですが、実はトーナグリップの本領は

ここから発揮されると言ってもいいのです。

 

今回はそんなお話をしましょう。


スポンサーリンク

 

トーナグリップの耐久性

 

巻きたてのトーナグリップ。

このブルーのグリップに、

赤のエンドテープがいかにも強そうでいいんです。

 

使い始めてちょっと時間が経過したトーナグリップ。

汗を吸って、濃い色になってきます。

トーナグリップがすごいのは、

これなんですよ。

 

通常、グリップというのは、

汗をかいたら滑るものなんですが、

トーナグリップというのは、

汗をかくと、グリップ力が増して、

滑らなくなる。

夏場、汗ダラダラの中での試合なんかでは、

最高のパフォーマンスを発揮します。

 

逆に、

寒い冬の乾燥した日にこのグリップを使うと、

あまりにサラサラし過ぎて、

滑ってしまうというワナがあります。

 

そんなわけで、寒い日にプレーすると、

汗ひとつかかないレベルのプレーヤーに、

トーナグリップは向いていません。

競技レベルのプレーヤーなら、

どんな寒い日でも、

激しいフットワークにより、

プレー中は汗をかくものです。

そういう意味では、

トーナグリップは、

上級者向き

と言ってもいいグリップかもしれません。

 

さて、それはさておき、

このトーナグリップ、

「耐久性」が問題視されるのは、

この表面のもろさにあると思われます。

使っているうちに、

表面が剥がれてボロボロになってくるんですね。

 

ですが、

実はこの状態こそ、

トーナの真骨頂が発揮されるところなのです。

表面が剥がれて、

ザラザラになったところは、

本当に滑らなくなります。

上の写真のように、

私の場合、小指が当たるこの部分が、

真っ先に破れてくるのですが、

この状態のグリップ力は、

本当に激ウマなんですね。

 

ですから、

トーナグリップの耐久性がない

と嘆いている諸君は、

この状態からもう少し使ってみることをおすすめします。

 

通常のウエットタイプのグリップだと、

表面が剥がれてしまうほど使ったら、

もうグリップとしては完全に死んでいると思いますが、

トーナグリップはそうではないのです。

 

さすがに端っこがこんなになると、、、

これはみっともないんで替えますが。

 

というわけで、

表面が剥がれてからもわりと使える

という点を考えると、

トーナグリップのコスパって、

そんなに悪くはないですよ。

ということを今回お伝えしたかったのです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

さらに、

前の記事にも書きましたが、

トーナグリップって、

裏も使えるわけですから、

決してコスパが悪いということはない。

というのが最近私の出した結論です。

トーナグリップは裏も使えます

まあ、

使ってみて。

【メール便送料無料】トーナ グリップ XL ドライ(TOURNA GRIP XL)10本入り TG-10XL 硬式テニス オーバーグリップテープ

価格:2,373円
(2020/3/5 10:08時点)
感想(1件)

 

この記事を読んで、

いいね!と思ってくださった方、

なるほど!と思ってくださった方、

ぜひ下のシェアボタンから

SNSでシェア

してくださいますようお願いいたします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA