キモニー ハイソフトグリップ 定番のグリップテープです

Pocket

はじめに

 

この講座は、

「読むテニスの教材」として、

テニスのレベルアップに役立つ情報や、

テニスの上達法、

テニスの練習法、

最新のテニスグッズ

などを紹介していきます。

 

今回はグリップテープの話です。

 

おすすめのグリップテープについては、過去にも書きましたので、こちらの記事もぜひご覧ください。

おすすめのグリップテープ(オーバーグリップ)について

 

上のリンクの記事では紹介していなかったのですが、

キモニーハイソフトというひそかな人気商品があるのをご存知でしょうか?

created by Rinker
キモニー(Kimony)
¥300 (2020/10/27 10:57:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

グリップテープの定番と言えば、ヨネックスウエットスーパーグリップが筆頭に上がるかと思うんですが、

created by Rinker
ヨネックス(YONEX)
¥300 (2020/10/27 10:57:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

今回紹介するキモニーのハイソフトも愛用者が非常に多い商品なのです。

これもまさに知る人ぞ知る定番です。

 

ヨネックスのウエットスーパーグリップに関しては、こちらの記事をご覧ください。

定番! ヨネックス ウエットスーパーグリップ

日本のテニスショップで、これを置いていないテニスショップを探す方がむつかしいというくらい、どこにでもあるのがヨネックスのウエットスーパーグリップ。

 

そんなド定番とも言えるウエットスーパーグリップと比べると、キモニーのハイソフトには、ある特徴が見られます。

 

今回の記事ではそんな話をしてみたいと思います。


スポンサーリンク

 

キモニー ハイソフト

 

キモニーのハイソフト

私物のラケットに、実験的に巻いてみました。

一見すると、何の変哲もないグリップテープに見えますね。

パッと見ただけでは、ヨネックスのウエットスーパーグリップを始めとする、他のウエット系のグリップと何が違うのか全然わからないと思います。

 

ただ、一度このグリップを握って見ると、違いは一目瞭然、いや一触瞭然と言うべきか、全然別物であることがわかるかと思います。

とにかく、しっとりというか、ねっとりしていて、グリップ力が非常に強いのです。

 

同じウエット系のグリップでも、グリップ力の強さはそれぞれです。

最近では、ウエット系のグリップテープでありながら、あまり表面がベタベタとしていない、「セミウエット」とか、「セミドライ」というタイプのものも出てきて、選択肢が増えてきています。

私が個人的におすすめするグリップテープもセミウェットと呼ばれるタイプなのですが、詳しくは、先に紹介したおすすめのグリップテープの記事をご覧ください。

セミウエットのタイプは、非力な方が握るとラケットがすっぽ抜けそうな感じがするかもしれませんが、その反面、グリップチェンジが非常にしやすくなります。

 

反対に、グリップ力が強いタイプの筆頭と言えば、トアルソンウルトラグリップや、ウィルソンプロオーバーグリップが真っ先に挙がると思います。

created by Rinker
TOALSON(トアルソン)
¥880 (2020/10/27 10:58:13時点 Amazon調べ-詳細)

これらのグリップテープはウエット系のグリップテープの中でも特にグリップ力が強く、手に貼りつくような感覚があるほどのグリップです。

 

これくらいグリップ力が強いグリップテープであれば、握力が弱く、ラケットを強く振るとすっぽ抜けそうだという方でも自信をもってラケットを振れるのではないかと思います。

反対に、デメリットはと言うと、グリップ力が強いグリップテープの場合、グリップチェンジをしようとして、手の中でクルクル回そうとしても、引っ掛かる感じがあって、使いにくいという声も聞きます。

 

まあ、その辺は単純に慣れの問題じゃないのかなと思うのですが。

実際、ウィルソンのプロオーバーグリップなんかは、ロジャー・フェデラー選手や錦織圭選手も愛用していると言われています。

グリップチェンジがしにくくて、使いにくい道具であれば、彼らトッププレーヤーが使うはずなどありません。

 

この点、キモニーのハイソフトは、強いグリップ力でありながらも、手にくっつきすぎるということがなく、非常に扱いやすく、バランスがとれているのではないかと思います。

 

その辺が人気の秘密なのかなと思います。

 

個人的な感想ですが、キモニーのハイソフトは、ヨネックスのウエットスーパーグリップよりもグリップ力が強く、ウィルソンのプロオーバーグリップほどはグリップ力がない。

 

そういったところではないかと思います。

 

普段ウエットスーパーグリップを使っているんだけど、もう少し滑りにくいグリップテープはないかなと思っている方、ぜひ一度、このキモニーのハイソフトを使ってみてください。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

キモニー ハイソフト

created by Rinker
キモニー(Kimony)
¥300 (2020/10/27 10:58:14時点 Amazon調べ-詳細)

一度試してみる価値ありのグリップテープです。

 

初心者でグリップを自分で巻くのが苦手だという方は、こちらの記事をぜひ一度読んでおいてください。

テニス 正しいグリップテープの巻き方

ちゃんとグリップをきれいに巻けてない方をたまに見ます。

こんな風に端っこがしわしわになったりすると、残念過ぎます。

正しいグリップテープの巻き方を覚えましょう。

 

この記事を読んで、

いいね!と思ってくださった方、

なるほど!と思ってくださった方、

ぜひ下のシェアボタンから

SNSでシェア

してくださいますようお願いいたします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA