あなたの練習はムダです ピアノレッスンに学ぶテニス練習法

Pocket

はじめに

 

この講座は、

「読むテニスの教材」として、

テニスのレベルアップに役立つ情報や、

テニスの上達法、

テニスの練習法、

最新のテニスグッズ

などを紹介していきます。

スマホで記事をご覧の方は、画面左上にある三本線のボタンをタップしてください。

メニュー画面が開き、調べたい項目に一発でジャンプできます。

 

今回は練習方法に関する記事を書きます。

 

テニススクールのレッスン時間とピアノ教室のレッスン時間

 

テニススクールに通われている方、みなさんのスクールのレッスンは1回何分ですか?

 

各スクールによって80分、120分といろいろあると思いますが、一応90分前後というのが相場だと思います。

私も長年テニス業界に携わっていますが、

山にこもって千日回峰みたいなトレーニングをするテニススクールというのはあまり聞いたことがありません。

 

これに対してピアノのレッスンというのは、何分か?

 

みなさん、ピアノのレッスンを受けられたことはありますか?

 

受けたことがあるという方は、女性の方が圧倒的に多いでしょうね。

 

実は私も昔ピアノを習ってました。

男性では珍しいかもしれませんね。

 

しかも、小さいころではなく、大学生のときに3年間ぐらい習ってました。

 

私の腕前は、

「バイエル→ブルグミュラー→ソナチネ→ソナタ」

という日本のピアノ教室の定番コースとも言えるこのプログラムで、ソナチネの途中までやったのですが、、、

 

ピアノ経験者ならどれぐらいのレベルかおわかりでしょう。

そう、テニススクールで例えるなら、初中級レベルくらいでしょうね(笑)

 

ベートーヴェンのエリーゼのためにや、ショパンのプレリュードなんかを弾いてました。

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック
¥3,589 (2021/07/30 21:14:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

私のことを知っている方は「似合わねー!」と言うでしょう。

←覚えとけよ!(笑)

 

あー、そう、私のピアノの話なんかどうでもいいんですってば。

 

ピアノのレッスンって、1回何分かという話です。

 

私の場合、1回30分でした。

週に1回のレッスンです。

おそらく、これぐらいが相場でしょう。

 

たった30分ですよ。

テニススクールのレッスンの3分の1の時間ですよ。

 

でもね、このレッスンのおかげでメキメキと上達するもんなんですよ。

 

なぜか。

 

簡単なことです。

以下で説明します。

 

なぜたった30分のレッスンで上達するか

 

ピアノレッスンの場合、

週に1回30分のレッスンは、1週間の自宅での練習の成果を見せて、先生に簡単な修正をしてもらう場なんですよ。

 

生徒はそこで習ったことを家に持ち帰って、来週のレッスンに間に合うように家で必死で練習していく。

 

もし、これで何も練習せずに翌週のレッスンに出ようものなら、

もうボロボロで、先生に怒られ、譜面の角でどつかれる、、、

ことはなかったけど(笑)

練習しなかったのは先生にはお見通しなので、

とっても恥ずかしい思いをするわけです。

 

テニススクールの場合はどうでしょう?

 

みなさん、

「来週のレッスンまでに練習しておく」

という発想はありますか?

 

毎週レッスンのときだけ体を動かすというのは、

ピアノレッスンを受けたことのある人間からすると、

あり得ない感覚なんですよ。

 

もちろん、

「週に1回のエクササイズ」

「週に1回の楽しみ」

「仲間作り」

のためにテニススクールに来られている方に、

「来週までに練習して来い!」

練習してなかったらラケットでどつきまわすからな!

と言っているのではありません(笑)

 

それは大きな誤解です。

 

私のメッセージは、

「上のクラスを目指したい」

「試合で勝てるようになりたい」

という思いを持って練習されている方へのものです。

 

そんな方はぜひスクールの外でも練習してきてください。

そしてうまくなった姿をぜひ翌週に見せてください。

 

そんなこと言ったって、

「うちの近くにテニスコートはない。」

「練習相手もいないし、、、」

と言われる方がほとんどでしょう。

 

では、どうやったら、テニススクール外で練習ができるのでしょうか。

 

練習方法なんかいくらでもあるのです

 

いいですか、

テニスの練習は何もコートでボールを打つだけではありません。

素振りでもいいんです。

 

YouTubeの動画を見ながら、プロの選手の動きの真似をするだけでもいいんです。

今の時代、テニスの試合なんて、ただでいくらでも見れてしまいます。

 

その気になれば、練習なんかやろうと思えばいくらでもできるんです。

 

考えて練習しよう

 

あー、そうそう、自分で練習するときは、こんな本を読んでおくといいです。

最近読んだんですけど、テニスに限らずこういう感覚で何事も取り組むのって大事です。

 

絶対損はしないんで、一回目を通してください。

created by Rinker
¥1,346 (2021/07/31 11:53:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

最近あまりこのカテゴリーの記事を更新できていませんでしたが、

また時間のあるときに技術コラムも書いていきます。

 

日頃は道具に関する記事がメインになってしまうんですけども、

実はこんな上達に関する記事が本当は書きたい(笑)

だって、自分はラケットコレクターではなく、テニスコーチなんですもの(笑)

 

この記事がみなさんのテニス上達の一助になれば幸いです。

 

 

この記事を読んで、

いいね!と思ってくださった方、

なるほど!と思ってくださった方、

ぜひ下のシェアボタンから

SNSでシェア

してくださいますようお願いいたします。