バボラ タッチVS ブラックカラー 黒いナチュラルガットならこれ!

Pocket

はじめに

 

この講座は、

「読むテニスの教材」として、

テニスのレベルアップに役立つ情報や、

テニスの上達法、

テニスの練習法、

最新のテニスグッズ

などを紹介していきます。

スマホで記事をご覧の方は、画面左上にある三本線のボタンをタップしてください。

メニュー画面が開き、調べたい項目に一発でジャンプできます。

 

今回はガットの話です。

 

最高のナチュラルガットとして名高いバボラのVSタッチ。

 

過去にこのガットのレビューを書いていますので、ぜひこちらも参考にしてください。

バボラ VSタッチ レビュー 世界最高のストリング

おっと、これ最近名前が変わったんでした。

 

VSタッチではなく、タッチVS(笑)

 

何だそれ!(笑)

 

長年に渡りトッププロ御用達のこのガットとしてテニス界に君臨してきた最高級ガット。

お値段もやはり王様のお値段。

、、、でもその価値は間違いなくあります!

 

かつて世界のトッププロと言えば、

縦横ともこのバボラVSを張るというのが当たり前でした。

 

ポリエステル全盛の現在では、

縦横ともナチュラルガットというトッププロはほとんど見かけなくなってしまいましたが、

ポリエステル全盛の現在でも、

ポリエステルストリングとのハイブリッドという形でトッププロに愛され続けるバボラタッチVS。

ガットのハイブリッドとは

 

メーカーもハイブリッドのパッケージ品を発売したりしています。

最強の組み合わせ! バボラ RPM ブラスト 125 + タッチ VS 130

いや、正直このハイブリッドはチート級のスピードボールが打てます。

 

ちなみにプロで数少ないナチュラルガットオンリーのユーザーは鈴木貴男選手。

鈴木貴男選手のラケット・ガット・グリップについて

もうこんなガットの使い方をする選手はいなくなっていくのでしょうか。

 

さて、そんなタッチVSにブラックカラーがあるのをみなさんはご存知でしょうか。

実はこのブラックカラーのVSがとてもかっこいいので、今回紹介しようと記事を書いてみました。

 

バボラ タッチVS ブラック

 

BABOLAT TOUCH VS BLACK

 

ナチュラルガットって通常は色が付いていないものばかりなんですが、

タッチVSのブラックカラーには少し薄い色ですが黒い色が付いています。

水墨画の墨の色みたいな淡いブラックなんですけどね。

画像からはわかりにくいですね。

 

おそらく、ポリエステルストリングのような真っ黒にはできないのでしょう。

ナチュラルガットに染料をヒタヒタに浸したらもうナチュラルガットではなくなるのでしょうね。

 

そんなわけで、色味としてはあわーい黒色なんですが、

それでも、ナチュラルガットで黒い色は新鮮。

 

このようにYONEXのVCOREのブラックに張ってしまうと真っ黒に!

 

YONEXのこのVCOREって、ポリツアープロのブラックとか、

ポリツアーストライクを張っちゃうと、完全に真っ黒になります。

 

グリップまで黒にしてしまうと、ステルス戦闘機のようなムダを削ぎ落とした機能美が際立ちます。

 

で、このブラックのタイプのタッチVSですが、

打球感は、少し硬めになります。

 

やはりナチュラルカラーのスタンダードなタッチVSと比べると、塗料が混じる分、

やや打球感が変わってしまうのでしょうね。

 

プロの選手達が、ブラックカラーのタッチではなく、ナチュラルカラーの方を選択するのは、

このへんの打球感の問題が一番気になるからでしょう。

 

その辺の事情は、少し前に書いたヨネックスのポリツアープロの事情と似ているかもしれません。

ヨネックス ポリツアープロ 黄色と黒の違いを徹底解説! レビュー まとめ

しかし、見た目で言うと、やはりブラックカラーのタッチはかっこいい。

 

ハイブリッドでポリと組み合わせたりしても、面白いですね。

 

例えば黒のポリとタッチの黒を組み合わせると、

遠目からは通常の縦横ポリのストリングにしか見えないのに、

実はハイブリッドというそれこそまさにステルス戦闘機のような秘密兵器になりそうです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

世界最高のナチュラルガットのブラックカラー、

ぜひみなさんも使ってみてください。

 

タッチVS ブラック

 

ナチュラルカラーのタイプはこちら

 

この記事を読んで、

いいね!と思ってくださった方、

なるほど!と思ってくださった方、

ぜひ下のシェアボタンから

SNSでシェア

してくださいますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA