最新版!HEAD PRESTIGE ヘッド プレステージ シリーズ レビュー まとめ

Pocket

はじめに

 

この講座は、

「読むテニスの教材」として、

テニスのレベルアップに役立つ情報や、

テニスの上達法、

テニスの練習法、

最新のテニスグッズ

などを紹介していきます。

 

今回はラケットの話です。

 

最近ヘッドのプレステージシリーズのラケットをレビューしていたのですが、

ある程度記事がまとまったので、シリーズ全体のガイド記事をまとめとして作ってみたいと思います。

 

はい、よーい、スタート。

 


スポンサーリンク

 

HEAD PRESTIGE ヘッド プレステージ シリーズ

 

HEAD PRESTIGE

ヘッド プレステージ シリーズ

2020年バージョンは真っ赤なカラーでかっこいいですね。

プロモーション動画をぜひご覧ください。

 

旧作のプレステージは、黒ベースに赤いラインが入っているようなデザインだったんで、落ち着いた感じだったんですが、

(写真は旧作よりもさらに前のモデルですね。これもやっぱり黒がベース。)

 

最新のデザインは、燃えるような

やっぱり、こんな赤のイメージの方がプレステージらしいなと個人的には思います。

 

では、新しいコスメに生まれ変わったプレステージの各機種を順に紹介していきましょう。

デザインとしては、全機種ほぼ同じなんですけど、スペックはそれぞれ特徴的なので、自分に合ったレベルのものをチョイスしてみてください。

 

HEAD PRESTIGE MID ヘッド プレステージ ミッド

 

HEAD PRESTIGE MID ヘッド プレステージ ミッド

ヘッドのプレステージと言えば、もともとはこの93平方インチのミッドがその代名詞。

プレステージシリーズの中でも、最も扱いがむつかしく、シビアな競技モデルというイメージの方も多いかと思います。

ただ、現在のプレステージは、ストリングパターンなんかが昔のプレステージクラシックなんかと違って、

親切な設計になっています。

ま、それを「親切」と取るか、「余計なおせっかい」だととるかは人それぞれかな(笑)

その辺の事情は、このレビュー記事を読んでください。

HEAD PRESTIGE MID ヘッド プレステージ ミッド レビュー

 

HEAD PRESTIGE MID

ヘッド プレステージ ミッド

写真を拡大してもらえばわかりますが、頭がちっちやいモデル体型のプレステージミッドさんです。

 

HEAD PRESTIGE MP ヘッド プレステージ エムピー

 

HEAD PRESTIGE MP

ヘッド プレステージ エムピー

プレステージシリーズの中で、今現在、最も多くのトッププロに支持を得ているモデルというのが、このプレステージMP。

なぜ、そんなにファンが多いかというのはこちらのレビューを確認してもらうとして、

HEAD PRESTIGE MP ヘッド プレステージ エムピー レビュー

ヘッドの契約プロで、プレステージ使ってたら、まず間違いなくMPかなーというくらい人気っすね。

 

ジル・シモン選手のプレーは日本人ならぜひ参考にすべき。

ジル・シモン選手の使うラケット・ガット・シューズなど 史上最強のシコラーの道具

プレステージシリーズの中の定番と言えるのが、このプレステージMP

スピン系のプレーヤーよりは、フラットドライブの厚い当たりで攻めるハードヒッター向けラケットです。

 

HEAD PRESTIGE MP

ヘッド プレステージ エムピー

ストリングパターンが18×20なのも、最近のラケットでは珍しくなりました。

18×20のストリングパターンが好きな方にとっては、貴重な選択肢と言えるラケットになるでしょう。

ストリングパターンについては、こちらの記事を参考にしてください。

16×19と18×20 ストリングパターンで全然違うラケットに

 

HEAD PRESTIGE PRO ヘッド プレステージ プロ

 

HEAD PRESTIGE PRO

ヘッド プレステージ プロ

プレステージシリーズの中で、MPと並んで、プロスペックと言われるのが、こちら。

ハードヒッターで、かつスピンも使ってガンガン攻めたいプレーヤー向けです。

HEAD PRESTIGE PRO ヘッド プレステージ プロ レビュー

プレステージシリーズと言えば、伝統的には、18×20のストリングパターンですが、

プレステージプロは、スピンのかかりやすいストリングパターンを採用。

コントロールとスピンを高い次元で両立させた一本。

 

HEAD PRESTIGE PRO

ヘッド プレステージ プロ

プレステージプロを持ってるプレーヤーは、やはり上級者。

対戦相手がプレステージプロだと、ちょっとビビるかも(笑)

 

HEAD PRESTIGE TOUR ヘッド プレステージ ツアー

 

HEAD PRESTIGE TOUR

ヘッド プレステージ ツアー

重たい・飛ばない

そんなプレステージのネガティブなイメージをひっくり返す、いい意味で「イマドキ」な設計のプレステージツアー。

「ツアー」と名が付く以上、競技志向のプレーヤーを念頭に置いているのは間違いないのですが、

プレステージMPやプレステージPROのようなゴリゴリのハードヒッターでなくても、扱いやすいスペック。

プレステージって、おじさんたちの間では、「選ばれし者だけが使える勇者の剣」みたいなイメージなんですが(笑)

プレステージツアーはそこまでハードルが高くない「汎用性のある武器」です。

ま、詳しくはこちら。

HEAD PRESTIGE TOUR ヘッド プレステージ ツアー レビュー

 

HEAD PRESTIGE TOUR

ヘッド プレステージ ツアー

使える者だけが使うといい

という殿様スタンスがプレステージのイメージだったんですが、今どきは、

「あのー、もしよろしければ、使っていただけますかねー。」

くらいのスタンスではないとラケットは売れません。

メーカーもそれは感じているはず。

だから、売れる設計を考える。

一般人でも使いやすいものをね。

だって不況なんだもん(笑)

 

HEAD PRESTIGE S ヘッド プレステージ エス

 

HEAD PRESTIGE S

ヘッド プレステージ エス

軽量化された、とっても扱いやすいプレステージ。

でも、プレステージの打感の良さはそのまま。

HEAD PRESTIGE S ヘッド プレステージ エス レビュー

 

HEAD PRESTIGE S

ヘッド プレステージ エス

選ばれたのは、プレステージでした(綾鷹風)

やっぱり、打感はいいよ、プレステージ。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

プレステージシリーズに興味がある方の参考になれば幸いです。

 

この記事を読んで、

いいね!と思ってくださった方、

なるほど!と思ってくださった方、

ぜひ下のシェアボタンから

SNSでシェア

してくださいますようお願いいたします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA