HEAD PRESTIGE MID ヘッド プレステージ ミッド レビュー

Pocket

はじめに

 

この講座は、

「読むテニスの教材」として、

テニスのレベルアップに役立つ情報や、

テニスの上達法、

テニスの練習法、

最新のテニスグッズ

などを紹介していきます。

 

今回はラケットの話です。

 

最近、プレステージMPをはじめとしたヘッドのプレステージシリーズについてレビューをあれこれ書いてました。

HEAD PRESTIGE MP ヘッド プレステージ エムピー レビュー

でも、プレステージと言えば、やっぱりプレステージ ミッドです。

プレステージと一言で言った場合は、通常このラケットを指すもんだと思ってます。

※個人の感想です。

というのも、昔、プレステージ クラシックというラケットがありまして、、、

ちょっと古いね(笑)

 

どんなラケットかというのは、こちらの記事を参照してください。

テニスラケットの三種の神器について(プロスタッフ プレステージ グラファイト)

伝統あるプレステージシリーズのDNAを最も色濃く受け継ぐモデルは、何と言ってもプレステージ ミッドだろうと思うのです。

 

今回はそんなプレステージ ミッドについて書いてみたいと思います。


スポンサーリンク

 

HEAD PRESTIGE MID ヘッド プレステージ ミッド

 

HEAD PRESTIGE MID

ヘッド プレステージ ミッド

写真をちょっと拡大して見てもらえたらわかると思いますが、見た目に明らかにラケット面が小さいですよね。

 

詳しいスペックを見てみましょう。

重量(ストリング張り無しの場合: 320 g / 11.3 oz
ストリングパターン: 16/19
ヘッドサイズ: 600 cm² / 93 in²
グリップサイズ: 0-5
バランス: 310 mm / 1.3 in HL
長さ: 685 mm / 27.0 in
ビーム: 20mm

HEAD HPより

 

伝統あるプレステージシリーズの最高峰ツアーモデルに、最新のテクノロジーを搭載した一本です。

クラシックな、昔ながらの打感のままに、現代テニスのスピードに対応できるような設計をプラスしたモデルです。

 

先ほど、面の大きさが小さく見えるというお話をしましたが、小さく見えるのではなく、

実際に小さいのです。

 

93平方インチ。

 

これって、最近の98~100平方インチくらいが主流のテニスラケットに慣れた方には、すごい違和感があるかもしれません。

ですが、昔からのテニスファンにとっては、これこそが、「プレステージ」なわけですね。

 

ところがどっこい!

このプレステージ ミッド

明らかに今風なアレンジがされている部分があるのです。

それがこのストリングパターン。

かつては、18×20のストリングパターンだったのが、

このプレステージ ミッドは、

16×19になっています。

ストリングパターンの違いについてはこちらの記事の解説をご覧ください。

16×19と18×20 ストリングパターンで全然違うラケットに

93平方インチに、18×20のストリングパターンなんてなると、

どこぞの知事に、

「密です。」

と言われかねません。

 

16×19のストリングパターンは、今どきのテニスに合わせて、快適にスピンがかかるよう、最適化された設計なのだと思います。

 

HEAD PRESTIGE MID

ヘッド プレステージ ミッド

 

HEAD PRESTIGE MID ヘッド プレステージ ミッド レビュー

 

HEAD PRESTIGE MID

ヘッド プレステージ ミッド

実際に打ってみたレビューです。

 

ラケットのフェイスサイズが小さいと、振り抜きは抜群にいいです。

サーブはめちゃくちゃ気持ちいいです。

ラケットヘッドがコンパクトなので、ラケット自体の総重量が重たいにもかかわらず(ラケット本体の重さだけで320g)、ピュンピュンとまるで小枝のように振り回せるのです。

 

ストロークだと93平方インチいうフェイスサイズは最初戸惑うかもしれません。

100平方インチのラケットでガシャってるようなヤツは、さらにガシャる(笑)

当たり前だね(笑)

 

ただ、16×19は相当扱いやすいですよ。

 

昔ながらのプレステージクラシックが好きだった方は、

「これじゃない!!」

と怒るかもしれませんけどね。

 

でも、今の時代ははこれこそが、最高のスペックなのだろうと思います。

コントロールと、スピン性能のバランス、その上スイングスピードが出るコンパクトなラケットヘッド。

ありとあらゆる点を現代のスピードテニスに合わせて最適化して進化した最強のプレステージ。

 

 

それが、

HEAD PRESTIGE MID

ヘッド プレステージ ミッド

 

プレステージ ミッド 使用プロ

 

マリン・チリッチ選手が、このヘッドのプレステージ ミッドを使用している、、、

ような外観をしてるんですけど(笑)

チリッチ選手のラケットは、実はラジカルプロなどの、ラジカルシリーズがベースではないかとも言われています。

実際の詳しいスペックまでは現在調査中です。

 

ヘッドのプレステージを使用していたトッププロは、チリッチ選手の師であるゴラン・イヴァニセビッチ選手とか、、、

ちょっと昔の選手が思い浮かんでしまいますが、

あのイヴァニセビッチ選手のサーブを見ると、

このプレステージ ミッドの持つサーブでのアドバンテージは非常に魅力的に映るかと思います。

 

他のラケットとの比較

 

93平方インチのラケットなんて、最近はあまり見ませんね。

同じく三種の神器である

ウィルソン プロスタッフが、95平方インチ

ロジャー・フェデラー選手モデルですね。

ロジャー・フェデラー選手の使用するラケット

比較するのはこのラケットかなぁと思いましたが、ストローク、ボレー、などオールラウンドな扱いやすさは、プロスタッフのが上ですね。バランスがとれていると思います。

 

16×19の少し優しいストリングパターンになったとはいえ、まだまだやはりプレステージの方が、扱いがむつかしいツアーモデルという印象です。

ですが、サーブの圧倒的なスピード感とか、その卓越したコントロールなどは、プレステージに勝るラケットはないかと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

HEAD PRESTIGE MID

ヘッド プレステージ ミッド

最強にシビアでしびれるラケットです。

我こそはというプレーヤーは、ぜひ手にしてみてください。

 

この記事を読んで、

いいね!と思ってくださった方、

なるほど!と思ってくださった方、

ぜひ下のシェアボタンから

SNSでシェア

してくださいますようお願いいたします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA