ステファノス・チチパス選手が実際に使用するラケットとガット パーソナルスペックについて

Pocket

はじめに

 

この講座は、

「読むテニスの教材」として、

テニスのレベルアップに役立つ情報や、

テニスの上達法、

テニスの練習法、

最新のテニスグッズ

などを紹介していきます。

 

今回はラケットの話です。

 

全仏オープン2020で惜しくもジョコビッチ選手に敗れてしまったステファノス・チチパス選手のラケットについて書いてみたいと思います。

 

実は過去にもステファノス・チチパス選手のラケットについて書いていたんですが、

ステファノス・チチパス選手のラケット・ガット・ウェア・シューズ

こちらの記事には、チチパス選手が実際に使用するラケットの重さについてまでは言及していませんでした。

 

今回の記事では、チチパス選手が実際に使っている、いわゆるパーソナルスペックと呼ばれるラケットがどんなものなのか詳しく書いてみたいと思います。

 

ステファノス・チチパス選手が実際に使用するラケット

 

ステファノス・チチパス選手が実際に使用するラケットについてです。

 

Wilson BLADE 98 18×20

created by Rinker
Wilson(ウイルソン)
¥19,800 (2020/10/26 01:59:36時点 Amazon調べ-詳細)

男女問わず、ウィルソン契約のトッププロには、このBLADEシリーズが大人気ですね。

 

BLADEシリーズの人気の秘密はこちらです。

トッププロから絶大なる支持のテニスラケット ウィルソン BLADE98

 

チチパス選手のラケットは、BLADEシリーズの現行モデルの外観のようですが、実際に使用するラケットは旧型のBLADEがベースになっているという噂です。

 

実際に使用するラケットのスペックです。

重さ:315g

バランス:317㎜

スイングウエイト:308

(ストリングなしの状態で)

ストリングなしでこの重さなので、市販のモデルよりは10gほど重たいですね。

グリップ部分に10g分のシリコンが注入されているとのことです。

 

それでも、ラケットの重量は、世界のトッププロとしては、相当軽い部類に入ると思います。

おそらく、少し力のある男性プレーヤーであれば、別に違和感なくプレーできるくらいの重さではないかともいます。

 

最近の若手選手は、あまり重たいラケットを使わないんでしょうか。

 

アリアシム選手

フェリックス・オジェ・アリアシム選手の使用するラケット・ガット(ストリング)

 

ティエム選手

ドミニク・ティエム(ティーム)選手が実際に使用するテニスラケットのスペック

 

新世代とも呼ばれる彼らのラケットは、BIG4と呼ばれた選手たちのラケットよりもずいぶん軽いです。

フェデラー選手なんて340gのラケットを使っていましたし、ワウリンカ選手はもっと重たいラケットを使ってますね。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ロジャー・フェデラー選手の使用するラケット

スタン・ワウリンカ選手の使用するラケット

少し軽めの扱いやすいラケットを、猛烈なスイングスピードで振り抜いてボールを叩き潰す。

新世代のプレーヤーのテニスは、今までと少し変わってきているのかもしれません。

 

ステファノス・チチパス選手が使用するガット(ストリング)

 

次に、ステファノス・チチパス選手が使用するガット(ストリング)についてです。

 

ルキシロン 4G

created by Rinker
LUXILON(ルキシロン)
¥1,430 (2020/10/26 03:39:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

アルパワーではなく、4Gをつかっているあたりが、新しい時代の選手だなーという感じがします。

トッププロにはまだまだアルパワーが圧倒的な人気なのですが、

最高のガット LUXILON(ルキシロン)ALUPOWER(アルパワー)レビュー

最近若手の選手たちを中心に、4Gなどの新しいストリングを使用する選手が増えてきています。

やはり4Gなんかは、今までのストリングとテンション維持性能が違います。

新世代のガット LUXILON(ルキシロン)4G(フォージー)レビュー

一試合でストリングを張り替えてしまうようなトッププロのレベルであれば、テンション維持性能など、さほど気にならないことなのかもしれませんが、アマチュアプレーヤーにとってテンション維持性能は死活問題ですからね。

4Gを使うプレーヤーは、まだまだこれからさらに増えていくと思われます。

 

ステファノス・チチパス選手が使用するのは、縦糸も横糸もこちらのストリングです。

トッププロがよくやっているハイブリッドではないんですね。

 

ハイブリッドについてはこちらの記事をご覧ください。

ガットのハイブリッドとは

 

テンションは、

縦糸:55ポンド

横糸:53ポンド

 

普通だと思われるかもしれませんが、18×20のストリングパターンのラケットに張れば、十分すぎるくらいの面圧になりますから、コントロール性能は完ぺきかと思われます。

トッププロの中には60ポンド以上のハイテンションでストリングを張っている猛者も多数いるのですが、チチパス選手の場合はそこまでテンションは高くないんですね。

先に紹介したアリアシム選手や、ティエム選手も現在はそこまで高いテンションでストリングを張ったりはしていない模様です。

 

ちなみに、ストリングパターンが違うとどのようなことが起こるかは、こちらの記事をご覧ください。

16×19と18×20 ストリングパターンで全然違うラケットに

 

ちなみに、チチパス選手のように、ラケットの重さを10g程度アップしたいのであれば、鉛のテープを貼るのも一つの方法です。

created by Rinker
キモニー(Kimony)
¥880 (2020/10/26 01:59:36時点 Amazon調べ-詳細)

グリップ部分にシリコンを注入するというのは、素人には真似しにくいですからね。

テニスラケットのカスタマイズ 鉛のテープの使い方

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の全仏では惜しくも敗れてしまいましたが、グランドスラムの頂点に確実に近づきつつあるチチパス選手。

今後の活躍に期待です。

 

チチパス選手のラケットはこちら。

Wilson BLADE 98 18×20

created by Rinker
Wilson(ウイルソン)
¥19,800 (2020/10/26 01:59:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

チチパス選手のストリング

ルキシロン 4G

created by Rinker
LUXILON(ルキシロン)
¥1,430 (2020/10/26 03:39:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

この記事を読んで、

いいね!と思ってくださった方、

なるほど!と思ってくださった方、

ぜひ下のシェアボタンから

SNSでシェア

してくださいますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA