ヘッドのラジカルシリーズとエクストリームシリーズの比較

Pocket

はじめに

 

この講座は、

「読むテニスの教材」として、

テニスのレベルアップに役立つ情報や、

テニスの上達法、

テニスの練習法、

最新のテニスグッズ

などを紹介していきます。

スマホで記事をご覧の方は、画面左上にある三本線のボタンをタップしてください。

メニュー画面が開き、調べたい項目に一発でジャンプできます。

 

今回はラケットの話です。

 

ヘッドのラジカルシリーズとエクストリームシリーズの比較をしてみたいと思います。

ヘッドのラケットの中でも競技者に特に人気のこの2つのシリーズ。

 

ヘッドの競技者向けラケットというと

一昔前はプレステージばかりに注目が集まってましたが

 

最近はプロの選手も

ラジカルシリーズやエクストリームシリーズを使っている選手が増えて

人気が各ラケットに分散しつつあります。

錦織圭選手を破ったイケメン選手 ロレンツオ・ムゼッティ選手のラケット

 

それに加えてスピードにグラビティに、、、

もうわけわかんねぇなという方もいるのでは?(笑)

選択肢が多いと人は迷うんですよね。

 

しかも、ラジカルとエクストリームの場合

スペック的に似ているところがあり

どちらを使うべきか迷っている方も多いかもしれません。

 

今回の記事では、ラジカルMPとエクストリームツアーの二機種を

実際に打ってみて感じたことを書いてみたいと思います。

 

HEAD RADICAL MP

 

ヘッド ラジカル MP

 

<スペック>

CPI:400

ウェイト(張上げ無し):300 g / 10.6 oz

ストリングパターン:16/19

ヘッドサイズ:630 cm² / 98 in²

グリップサイズ:1-5

バランス:320 mm / 1 in HL

長さ:685 mm / 27.0 in

フレーム厚:20/23/21 mm

HEAD公式ホームページより

 

ラジカルMPは、間違いなく硬いです。

私は旧モデルのラジカルが好きだったんですが、

今作のラジカルは打感がかなり変わりましたね。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

最新版ヘッド ラジカルMPについて 打感・レビュー まとめ

 

カキーンという金属っぽい打感は、

いかにも今っぽいラケットという感じです。

 

旧作は295gだったこともあり、

旧作から今作に乗り換えられた方は、

その基本スペックの大きな違いに最初は戸惑われたかもしれません。

 

しかし、慣れてみると、今のラジカルはとてもパワフルで頼もしいラケット。

しなって少し食いつく感じがあった前作よりもロスが少なく、

ボールがギュンと飛び出す感覚です。

もちろん、ラジカル独特の程よい食いつきの感覚はあります。

 

猛烈なスピードのサーブ、フォアを打ち込んで勝負する攻撃的なプレーヤーにはうってつけですね。

 

HEAD EXTREME TOUR

 

一方のエクストリームツアー

 

<スペック>

CPI:500

ウェイト(張上げ無し):305 g / 10.8 oz

ストリングパターン:16/19

ヘッドサイズ:630 cm² / 98 in²

グリップサイズ:1-5

バランス:315 mm / 1 in HL

長さ:685 mm / 27.0 in

フレーム厚:22/23/21 mm

HEAD公式ホームページより

 

305gという最近流行りのスペックですが

こちらは、最近のラケットに多い、硬いカキーンという感覚がほとんどなく

マイルドな感じです。

 

通常軽いラケットを使うと

ボールを打つときに強い衝撃があるはずなんですが、

エクストリームツアーにはそれがありません。

まるで320gとか、330gくらいのラケットでボールを打ってるときのようなマイルドな感覚。

 

「プロストックっぽい」

と評する声もありますが、

まさにその感覚なんですね。

 

プロストックとは何ぞやという話はこちら。

テニスラケットのペイントジョブとプロストックについて

 

このエクストリームツアーを使えば

プロストックなどもはや必要ないかもしれません。

それくらいのラケットです。

 

また、肘や手首への負担を考えると

これほどメリットのあるラケットは他にほとんどないのではないでしょうか。

 

例えば、バボラのピュアドライブは打感では相当マイルドな部類に入りますが

ボール自体が非常によく飛ぶので

エクストリームツアーのような

ツアー系ラケットと呼ばれるモデルとはちょっと違います。

 

ハードに自分からボールを叩いて行けるツアー系ラケットで

これほどマイルドな感覚なのはエクストリームツアーくらいでしょうね。

 

HEAD EXTREME NITE

 

また、エクストリームシリーズには

こちらのタイプもあります。

 

エクストリームツアー ナイト

 

エクストリーム ナイトシリーズは今だけの限定版

いや、これはかっこいいわ。

新発売!!!HEAD EXTREME NITE (ヘッド エクストリームナイト) の全貌が明らかに

エクストリームツアーを使いたいと思っている方は、

こちらの限定カラーも選択肢の一つですね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ラジカルMP

 

エクストリームツアー

 

エクストリームツアー ナイト

 

少し硬いラジカルに、

マイルドなエクストリーム。

みなさんの好みはどちらですか。

 

この記事を読んで、

いいね!と思ってくださった方、

なるほど!と思ってくださった方、

ぜひ下のシェアボタンから

SNSでシェア

してくださいますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA