錦織圭選手を破ったクリスチャン・ガリン選手の使用するテニスラケット

Pocket

はじめに

 

この講座は、

「読むテニスの教材」として、

テニスのレベルアップに役立つ情報や、

テニスの上達法、

テニスの練習法、

最新のテニスグッズ

などを紹介していきます。

 

今回はラケットの話です。

 

錦織圭選手のドイツ・オープンでの対戦相手クリスチャン・ガリン選手のラケットについて見てみます。

残念ながら、錦織圭選手はこのクリスチャン・ガリン選手に敗れてしまいました。

 

まだまだ、肘のケガからの完全復帰には時間がかかるようです。

錦織圭選手がしていたアームカバーも、正直見ていて痛々しかったです。

錦織圭選手のアームカバー アームスリーブ エルボースリーブ 手甲 サポーター シースリーフィット

ただ、いくら満身創痍とはいえ、トッププロである錦織圭選手を破ったクリスチャン・ガリン選手の実力は本物です。

 

今回の記事では、そんなクリスチャン・ガリン選手について書いてみたいと思います。

 

クリスチャン・ガリン選手とは

 

クリスチャン・ガリン選手とは

クリスチャン・イグナシオ・ガリン・メドーネCristian Ignacio Garín Medoneスペイン語発音: [ˈkɾis.tjãn iɣ.ˈna.sjo ɡa.ˈɾĩn me.ˈðo.ne][1]1996年5月30日 – )はチリサンティアゴ出身の男子プロテニス選手。ATPツアーでの優勝はシングルス4勝。自己最高ランキングはシングルス18位。身長185cm。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

クリスチャン・ガリン選手はチリの選手。

先日紹介したディエゴ・シュワルツマン選手と同じく南米の選手ですが、南米の選手って、昔から非常にタフな選手が出てくる印象が強いです。

ディエゴ・シュワルツマン選手の使用するラケット・ガット(ストリング)

南米の選手、とくにチリの選手と言えば、何と言ってもフェルナンド・ゴンザレス選手が印象的でした。

通称「ゴンちゃん」(笑)

狂ったかのようなフォアハンドの強打は、歴代でも最強クラスのスピードと破壊力。

見ていて爽快でした。

今の若い世代の人はあんまり知らないかもしれないので、また今度改めてゴンザレス選手のことを記事にしてみましょうかね。

 

さて、それはさておき、今回紹介するクリスチャン・ガリン選手のプレーはこちら。

クレーがいかにも得意そうな、タフなプレーですね。

粘り強く、堅牢な守備力に、鋭角を突いてくるストローク。

本当にタフなプレーヤーです。

 

そんな南米のタフガイ、クリスチャン・ガリン選手の使用するラケットについて調べてみました。

 

クリスチャン・ガリン選手の使用するラケット

 

現在使用するラケットはベッドのラジカル。

このラケットって、本当に使いやすいんですよ。

HEAD(ヘッド)GRAPHENE(グラフィン)360 RADICAL(ラジカル)MP(ミッドプラス エムピー)レビュー

過去にレビューを書いていますが、もう本当にバランスに優れていて万能な一本と言ってもいいくらいです。

 

おすすめラケットランキングの記事でも上位です。

おすすめ最強テニスラケットランキング 10選

 

ただ、プロの場合、プロストックや、ペイントジョブというような仕様が存在するため、外見だけでははっきりとその詳しいスペックまでは読み取れません。

テニスラケットのペイントジョブとプロストックについて

ラジカルシリーズの外観をしていても、実際の中身はプレステージとか、よくあることなので、はっきりしたことは、さらに調べてみないとわかりません。

ただ、間違いなく言えるのは、ガリン選手が使用するラケットは、いわゆるラウンド形状と呼ばれるようなラケットではないということくらいでしょうか。

 

ラウンド形状とボックス形状についてはこちら。

テニスラケットのラウンド形状とボックス形状とは

 

ガリン選手の過去のラケット遍歴を見ていると、

 

①バボラ ピュアアエロ

過去の画像を検索すると、この世代のピュアアエロを一時期使用していました。

ということは、この時期は現在のラジカルっぽいラケットとは違って、ラウンド形状のラケットを使用していたんでしょうね。

 

その後はウィルソンに浮気(笑)

 

②ウィルソン ブレード

なんか、ピュアアエロとは、対極にあるようなしなりのあるラケットだと思うんですけど。

 

そして最近になって、ヘッドになります。

 

③ヘッド ラジカル

と、結構頻繁に変わっています。

短期間にこれほど色々なメーカーを渡り歩いたプレーヤーも珍しいのではないかと思います。

 

まだまだこれから将来が期待される若手である一方、十代の新星が次々と現れる男子テニス界の中で、いろいろもがきながら試行錯誤しているのは間違いありません。

 

ただ、最近になって、ヘッドのラジカルとともに、徐々に結果を出し始めてきたクリスチャン・ガリン選手。

今後はヘッドのラケットとともに、さらにランキング上位に食い込んでくる可能性大です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

クリスチャン・ガリン選手、日本での知名度はイマイチでしたが、錦織圭選手と対戦したことで、印象に残った方も多いのではないでしょうか。

今後も要注目の選手の一人です。

 

そんなクリスチャン・ガリン選手の使用するラケットをおさらい。

どんな方にも使いやすいラケットです。

 

この記事を読んで、

いいね!と思ってくださった方、

なるほど!と思ってくださった方、

ぜひ下のシェアボタンから

SNSでシェア

してくださいますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA