LINEで送る
Pocket

はじめに

 

どうも。

「読めばテニスがうまくなる」マインドテニス講座管理人の山口泰弘です。

 

この講座は「読むテニスの教材」として、みなさんのテニスのレベルアップに役立つテニスの上達法や、最新のテニスグッズの紹介をしていきます。

 

今回はグリップに関する記事です。

過去に書いた記事をもう一度整理しなおしましたので、ぜひお読みいただけたらと思います。


スポンサーリンク

リプレイスメントグリップとオーバーグリップ

 

まず、初心者・初級レベルの方は、グリップテープについて、

リプレイスメントグリップオーバーグリップの区別がつくようにしましょう。

 

よくテニススクールで見かけられる光景なんですが、新品のラケットを買った後に、グリップの上に何も巻かずにそのままプレーしてしまっている方が多いです。

 

もともとのラケットの上から巻くグリップはオーバーグリップ、またはグリップテープと呼ばれます。

このオーバーグリップの存在を知った上で、あえてそれを巻かないでプレーしているというのであれば全然構いません。
ただ、オーバーグリップの存在を知らずにそのままプレーしているのであれば、もったいないことをしています。
ぜひこの記事を読んで、オーバーグリップを使ってみてください。
では、リプレイスメントグリップ、オーバーグリップについて順に解説していきます。
リプレイスメントグリップについて

 

テニスのラケットというのは主にカーボンでできていますが、

そのままだと、手で握る部分はゴツゴツしていて痛くて握れません。

そこで、市販のラケットというのはみな、このようにウレタンの柔らかい素材が巻き付けられています。

ラケットにもともと巻き付けられているグリップの柔らかい部分を、

リプレイスメントグリップ、通称で「元(もと)グリップ」と呼んだりします。

 

ラケットを買ってくれば、ラケットの持ち手の部分にはリプレイスメントグリップが標準装備されていて、そのままでも快適にプレーすることができます。

 

ただ、その部分は使っていくうちにどんどん劣化していって、ボロボロになったり、汗や汚れがしみ込んで、すべりやすくなったりします。

 

そこで、テニスをする人はトッププロから愛好家まで、グリップの部分に包帯のようにもう一枚のテープを巻くのが通常です。

これがオーバーグリップあるいはグリップテープと呼ばれるもので、1枚だいたい300円ぐらいです。

YONEX(ヨネックス) ウェットスーパーグリップ(オーバーグリップテープ) 1本入 ウエットタイプ テニス・バドミントン AC103【メール便指定可能】◇

価格:308円
(2019/1/4 21:59時点)
感想(0件)

まとめて買うと3枚で840円とか、ちょっと安くなります。

ヨネックス(YONEX)ウェットスーパーグリップ(3本入り)(AC102)011:ホワイト●テニス・バドミントン/オーバーグリップ(3本入り)(y1301b)

価格:821円
(2019/1/4 22:00時点)
感想(1件)

12枚で2300円みたいな商品もあります。

『10%OFFクーポン対象』「あす楽対応」Wilson(ウイルソン)「プロ・オーバーグリップ(12本入り)PRO OVERGRIP 12PK WRZ4022」オーバーグリップテープ[ネコポス可]『即日出荷』

価格:2,300円
(2019/1/4 22:01時点)
感想(33件)

こまめに巻き替える方はこれくらいまとめて買った方がいいです。

というか、私は常々、こまめに巻き替えることをおすすめしています。

その理由はこちらの記事を参照してください。

テニスのグリップテープっていつ交換するの?

https://mindtennis.net/2018/12/30/grip/

私も選手のときは30本入りパックみたいなのを持っていました。

【メール便送料無料】ヨネックス ウェットスーパーグリップテープ(YONEX SUPER GRAP)30本入り AC102EX-30 硬式テニス オーバーグリップテープ

価格:4,180円
(2019/1/4 22:00時点)
感想(5件)

毎日練習しているとこれぐらいあっという間に使い切ります。

部活などで毎日練習するジュニア選手などであれば、このくらいのパックを買う方が断然お得です。

部活のメンバーや、チームのメンバーとシェアしてもいいかもしれません。

とにかく、このオーバーグリップという商品を使うと、ラケットにもともと付属している土台となっているウレタン部分(元グリップ)を交換するよりもコストが安く済むのです。

 

土台となっているウレタン部分(元グリップ)は交換に1500円ぐらいかかりますからね。

バボラ エクセル ゲル リプレイスメントグリップ(Babolat XCel Gel Replacement Grip )121261/670040

価格:1,400円
(2019/1/4 22:02時点)
感想(1件)

この元グリップを頻繁に巻き替えるのは得策ではないです。

また、包帯のように簡単に巻替えができるオーバーグリップと違って、リプレイスメントグリップは巻替えに手間がかかります。

頻繁に巻替えるものではないです。

 

ただ、リプレイスメントグリップを巻き替えて好みのものにカスタマイズするということはよく行われています。

プロの選手、とくに男子の選手なんかはリプレイスメントグリップを牛革製のものに交換して、使ったりしています。

こうするとウレタンよりも硬くてグリップ部分の角がはっきりと感じ取れるようになるので、ボールをコントロールしやすくなると言われています。

 

ただ、手には大きな衝撃が来るので、好き嫌いはありますけどね。

マメもできやすくなるなるのが欠点です。

ただ、一度牛革にした選手はもう元には戻せないというほどその感覚の虜になってしまうようです。

あの大坂なおみ選手のグリップも牛革のリプレイスメントグリップにカスタマイズされているそうです。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

大坂なおみ選手のラケットスペックについて

https://mindtennis.net/2018/10/30/racket-22/

 

 

牛革製のグリップはウレタンの元グリップに比べて高いです。

2000円ぐらいはします。

ウィルソン プレミアム レザー リプレイスメントグリップ (Wilson Leather Replacement Grip )WRZ420100

価格:2,000円
(2019/1/4 22:03時点)
感想(1件)

高いのですが、アマチュアのテニス選手でもテニスのコーチでもわざわざ市販のラケットについている元グリップを一度はがして牛革製の元グリップ(レザーグリップ)に巻き替えているという人はけっこういます。

 

もちろん、これは好みの問題ですので、牛革製のグリップ=上級者・プロというわけではありません。

錦織圭選手なんかはレザーではなくウレタンのリプレイスメントグリップを使用しているようです。

ただ、錦織圭選手の場合はリプレイスメントグリップもちょっと特殊です。

そのへんの詳しいことはこちらの記事を参照してください。

錦織圭選手のグリップにしたい方へ

https://mindtennis.net/2018/03/02/grip-4/

 

では、次にオーバーグリップの解説と、どんな商品がおすすめなのかを見ていきましょう。

 

オーバーグリップ

 

ここからはオーバーグリップの話をします。

と言っても、もうすでに先のリプレイスメントグリップの項目でほとんど解説してしまってますけどね。

そんなわけで、ここからは主におすすめのオーバーグリップのお話です。

 

一昔前から日本で一番売れ筋のオーバーグリップは、

ヨネックスウエットスーパーグリップです。

YONEX(ヨネックス) ウェットスーパーグリップ(オーバーグリップテープ) 1本入 ウエットタイプ テニス・バドミントン AC103【メール便指定可能】◇

価格:308円
(2019/1/4 22:05時点)
感想(0件)

他にはウィルソンプロオーバーグリップ

ウイルソン プロオーバーグリップ 1本入り (WRZ4001BK) テニス グリップテープ Wilson

価格:324円
(2019/1/4 22:07時点)
感想(0件)

ボウブランドのグリップなどがありますが、

ボウブランド(BOWBRAND) グリップテープ ボウブランド プログリップ(スーパーウェット 3本巻) BOW003

価格:860円
(2019/1/4 22:07時点)
感想(6件)

ここにあげた以外にも、オーバーグリップはたくさん種類がありますので、いろいろ試してご自分に合ったものを見つけてください。

ただ、あまりに選択肢が多いと迷ってしまうので、この記事であげたグリップをまず使ってみてください。

さて、最近バボラが、プロ選手向けに新しいオーバーグリップを発売しました。

それが、「プロスキン」という商品です。

バボラ(BabolaT) オーバーグリップ プロスキン×1 BA651015

価格:250円
(2019/1/4 22:08時点)
感想(0件)

12本入りはこちら。

バボラ(BabolaT) オーバーグリップ プロスキン×12 BA654008

価格:2,330円
(2019/1/4 22:08時点)
感想(0件)

これですね、厚さが0.45ミリということなんです。

前述の

ヨネックスのウエットスーパーが、 0.6ミリ

ウィルソンのプロオーバーが、   0.5ミリ

ボウブランドのグリップが、    0.7ミリ

であることなどと比較してもひときわ薄いんですね。

 

これが今後のグリップテープのトレンドになり得るんじゃないかなと個人的には思ってます。

 

薄いとどうなるかというと、前述の牛革製のグリップと同じで、グリップ部分の角がはっきりわかって、ボールの感覚がつかみやすくなるんですね。

 

私がもともと使っていた、バボラのVSオリジナルという商品があるのですが、こちらも厚みは0.43ミリと薄かったんですね。

バボラ(BabolaT) グリップテープ VSグリップ(3本入) ※ナダル使用モデル

価格:864円
(2019/1/4 22:09時点)
感想(0件)

12本入りならこちら。

バボラ(BabolaT) オーバーグリップ VSグリップ×12 BA654010

価格:2,330円
(2019/1/4 22:11時点)
感想(0件)

また、ドライタイプで有名なトーナグリップ、こちらは厚みが0.5ミリ。

トーナ(TOURNA) アクセサリー グリップテープ トーナグリップオリジナル(ドライ) 3本入 TG-1

価格:770円
(2019/1/4 22:12時点)
感想(1件)

ともかく、プロの選手が好んで使うグリップの傾向として、「ちょっと薄め」というのはあるのかもしれません。

 

自分自身の経験としても、昔、私はヨネックスのウエットスーパーを使っていました。

これは厚さ0.6ミリのタイプです。

巻き替えて新しくなったときにはすべらなくて、とても使い勝手がいいんですよ。

 

で、しばらく使っていると、さらに良くなるわけです。

というのも、グリップテープが自分の手の形に少しずつ凹んできて、握りやすくなってきてくれるんですよ。

 

「おー、手になじんだなー。」

と思っているときに、そのままの状態で試合に行きたいところなんですが、試合前になると意気込んで、新しいグリップに巻き替えてしまう。

 

そうすると、ついさっきまであんなに自分になじんでいたグリップが途端に違う感覚になっちゃうんですよね。

 

なんだか他人のグリップを握っているかのような感覚に陥ってしまう。

 

試合前に急にグリップテープを巻き替えたりするから悪いんだと反省して、次の試合ではそこそこに使い古したグリップの状態で試合に挑むと、今度はプレー中にガットが切れて二本目のラケットに持ち替えて、またしっくりこない(笑)

 

「アマチュアテニス選手あるある」だと思いますが、やはり、0.6ミリとかちょっと厚めのグリップテープだと、使い始めと使い終わりの感覚がちょっと違うので、私は最近厚めのグリップテープは使わなくなりました。

 

ちょっと薄めのグリップがいいんですよね。最厚でも0.5ミリまでにしたいと思ってます。

 

プロの選手なんかは10本とかラケットを試合に持っていって、グリップはいつも新品。

いつも同じ感覚でプレーするのが当たり前なので、私のような失敗はないのでしょうが、そんなプロでも、薄めのグリップを選んでいるというのが最近の傾向なのかなと思っています。

 

テニススクールでテニスをされている方の中にはもう1年以上グリップを替えていないという方もけっこういらっしゃいますが、私なんかは1週間、長くても2週間に一回は替えます。

 

もちろんコストはかかりますが、これはテニスを続けていくために最低限必要なコストです。

先ほど紹介した記事ですが、こちらをぜひ読んでくださいね。

グリップテープの交換時期について

https://mindtennis.net/2018/12/30/grip/

 

まとめ

 

快適にプレーをするためにグリップをもう一度見直してください。

 

グリップはプレーヤーとラケットの接点。

ラケットを触れている接点についてもっと敏感になってください。

テニスは手の感覚が命のスポーツですよ。

 

よくよく吟味あるべきものなり。

 

この記事を読んでいいね!と思ってくださった方、なるほどと思ってくださった方、ぜひ下のシェアボタンからSNSでシェアしてくださいますようお願いいたします。

 


スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket